みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2549号 テイクアウトは手づくりで ~ 子どもは待ち遠しいだろうね ~

【企画公開日】2013 .11. 5.(火)

今、レストランの「誤表紙」が話題になっています。
最初はそのつもりはなかったと思いたいですが…。

(子どもにでもわかる“言い訳”はいただけませんね)

さて、飲食店の経営において、客数も大切ですが、客単価も大事です。
しかし、多くのお客さんは少しでも安いメニューを注文したがります。

(食べたら美味しいのに…談:料理人)

そこで、こんなサービスはいかがでしょう。
“別腹”は、財布も違う?

▼『お持ち帰りは手づくりで』

●たとえば、ファミリーレストランに家族で出かけたとします。

テーブルで注文メニューを店員さんに伝えた後、
「テイクアウト用」のデザートも一緒に注文します。

●その「テイクアウト用」のデザートとは、「手づくりクッキー」。
手づくりと言っても生地はできており、後は成型し、トッピングするだけ。

しかし、一緒にいる子どもにとっては、生地で動物の形を作ったり、
チョコペンなどで絵を描いたり、お菓子でトッピングしたりするだけで、
十分楽しめます。成型は手でこねたり、型を使います。

●注文したメニューがくるまでの時間、
子どもも含めて家族で「クッキー作り」を楽しみます。

●出来上がったらオーブン皿に並べて、店員さんにオーブン皿ごと渡します。
そして、食事が終わった頃、店員さんが再びオーブン皿ごと持ってきてくれます。

●その場で食べるのもよし、持ち帰るのもよし。
「手づくり」「焼きたて」は格別に美味いでしょうね!

●クッキーでなくても、クロワッサンなどのパンでもできそうです。
このサービスの販促は、従来のメニュー表とは別紙でテーブルや
メニュー表に挟んでおくと気づきやすいですね。
祖父母連れの家族なら、なお、注文確率が高くなるかも!?

●あるいは、平日のランチタイムに「3時のおやつ」向けに
提供しても面白いかも。夕方近くなると小腹が空きますから。

●飲食店といえども、お客さんに調理を手伝ってもらう発想や、
店外での飲食シーンを想定すると、まだまだ客単価がアップするサービスが
ひらめきそうです。

   『 参加型サービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議