みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2447号 チャイルド野菜キッチン ~ サラダを楽しく、美味しくいただこう ~

【企画公開日】2013 .5. 31.(金)

週末、料理を作っていると子どもたちが、
「何か手伝うこと、ない?」と聞いてきます。

正直、自分でやった方が速くていいのが本音だが、
手伝うことはいいことだし、子どもが手伝うと、
手伝ってくれた料理は特に一生懸命に食べてくれます。

そんな時、自分でよそった御味噌汁は
妙にうまかった子どもの頃の記憶が蘇ります。

そこで、こんなサービスはいかがでしょう。
「いい野菜を使っている」というアピールにもなります。

▼『チャイルド野菜キッチン』

●例えば、ファミリーレストランにて。
お子さんがいるご家族にこんなサービスを提案します。

店「お子様がいらっしゃるお客様限定で、
  サラダを自分で作るサービスがございます」

●サラダを作るとは?

例えば、子ども2人、大人2人の4人家族の場合。
注文があると、店員さんが竹かごに野菜を入れて持ってきてくれます。

(この時点で、わぁ~と盛り上がりますね)

●野菜は、サニーレタス4枚、キャベツ1/2、
人参1本、キュウリ1本。※野菜は洗浄済み

そして、通販番組でよく見かける
万能スライサー(安全装置付き)。

●子どもたちは、万能スライサーに野菜をセットして、
安全装置を前後に動かし、野菜をスライスさせていきます。
見る見る野菜が細かくなっていくのをみて、

子ども「うわぁ~、ママ、みて、こんなに小さくなっている!」

と喜びます。

●万能スライサーでは、キャベツ、人参、キュウリをスライスします。
スライスが終わると、家族分の4枚のサラダ用のお皿に、サニーレタスをひき、
スライスしたキャベツをのせ、人参、キュウリを盛り付けます。

●これでサラダの完成です!
タマゴやツナなどのトッピングがあれば、
より美味しく見えますね。

●このサービスは、注文をオーダーしてから、
料理が出てくるまでの間でできます。

●子どもたちは、自分が作ったサラダなら、
喜んで食べてくれそうですね。
野菜嫌いの子でも食べてくれるかも!?

●切り立ての野菜なので、食感も味も格別ですね。
野菜も丸ごと提供するので、ごまかしがききません。
逆にいい食材を使っているとアピールできます。

●お店にとっては、手間が増えると思いますが、
子どもがいるご家族には人気が出そうです。

●「食育」と言われますが、「一物全体」の考え方で、
野菜を皮まで丸ごと食べるというのは、いいことだと思います。

野菜のスライスは子どもで、
ドレッシングは親が作るというコースも楽しそうですね。

●注文して料理が来るまでの間、親はケータイをいじり、
子どもはゲームをしている姿を見ると、
せっかく家族で食事に来ているのに…と思います。

●食のエンターテイメント性を高めるために、
一手間お客様に手伝ってもらうという発想はいかがでしょう?

       ***企画の一番搾り***

   『 食のエンターテイメント性 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議