みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2404号 ロードサービス付き「自転車保険」 ~ 窓口は宅配業者 ~

【企画公開日】2013 .3. 28.(木)

近年、健康と節約が追い風となり、自転車の利用者が増えています。
それに伴い、年々自転車が関係する事故も増えています。

無灯火で携帯電話を操作して自転車に乗っていた女子高生が
歩行者と衝突して、多額の損害賠償が発生したケースも話題となりました。

そのため、保険各社が「自転車保険」を出していますが、
正直、私も自転車を頻繫に使いますが、加入までには至りません。

そこで、自動車と同様に「ロードサービス付き」なら、
いかがでしょう。保険とはいえ、平時のメリットは重要だと思います。

▼『ロードサービス付き「自転車保険」』

●コンビニでも、携帯電話からでも加入できる「自転車保険」ですが、
もし、窓口が宅配業者だったら、どうでしょう。

●宅配業者を窓口にするには理由があります。
それは、競合他社にない「ロードサービス」が受けられるから。

●自転車で一番困るトラブルは、タイヤのパンクですね。

「もし、通学途中にパンクしたら…」
「もし、通勤途中にパンクしたら…」

とても困ります。
そんな時、自転車保険に入っていたら!

●すぐにセンターに電話をし場所を伝えると、
地域内を配達していた宅配車両が駆けつけてくれます。

●そして、宅配車両に積んでいた折り畳み自転車を代車に
貸してくれます。利用者は、その代車で目的地に急ぎます。
パンクした自転車はそのまま車両に積んで持っていってくれます。
パンクした自転車は、パンク修理後、自宅まで届けてくれます。

●こんなロードサービス付きだったら、加入したくなりますね!

●最近の宅配業者は、営業所付近は自転車で配達することが多く、
自転車を配備している所もあります。そのため、工具を完備し、
修理ができるスタッフを数人育てておけば、自社内でサービスが完了できます。

●自動車を扱う仕事ですから、自転車のメンテナンスはお手の元です。
また、盗難に遭った際も代車があれば、保険加入者には心強いですよね。

●地域の自転車屋さんも出張パンク修理を提供していますが、
これだけの機動力は、宅配業者ならではです。

       ***企画の一番搾り***

      『 平時と緊急時 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議