みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2379号 ラジ・タク ~ 災害時は、ラジオ&バッテリーステーションにも ~

【企画公開日】2013 .2. 20.(水)

「首都圏のコンビニなど 震災の情報をラジオで提供」

首都圏のラジオ局10社と日本フランチャイズチェーン協会は19日、
震度5度以上の地震が発生した際、コンビニなどのチェーン店舗内で
ラジオの放送を流し、帰宅困難者に交通情報などを提供sるう協定を
結んだ。(日経2013.02.20)

日本列島、いつどこで地震が起きても不思議ではない現在、
こういう取り組みは全国に広がってほしいですね。

そこで、こんな取り組みも考えてみました。
普段から移動しているメリットを活かしてみました。

▼『ラジ・タク』

●緊急事態が発生したとタクシードライバーが判断するか、
本部からの無線で指示があった時。

●車を安全な場所に停車して、ドライバーは、
すぐにトランクからスピーカーを取り出し、車のカーステレオに接続し、
車外にラジオ情報を流します。

●そして、車のフロント及びリアウインドウに
サンシェードのように張り紙をします。
—————————————-
  ★緊急事態が発生しました!★
現在、この車両からは「ラジオ情報」を
放送中しております。
—————————————-

さらに、

—————————————-
携帯電話の充電ができます
—————————————-

というノボリを立てます。

●一度に10台程度、同時に充電ができると、
今の時代、本当に助かりますね。

そしてさらに、

—————————————-
救急箱がございます。怪我をされた方は、
ドライバーに声を掛けてください。
—————————————-

●飲料水や食糧などを積んでいたら燃費が悪くなるので、
そこまではできませんが、救急箱なら軽量なのでできそうです。

●タクシーは常時、たくさんの台数が、
街中をはじめ、地方各地を走行しており、
「情報配信拠点」として活用できそうです。

●普段から「緊急時対応車両」というステッカーを貼っておくと、
一般市民の認知度もより高まるかもしれません。

●タクシーやコンビニに限らず、困った時にできることを、
誰もがいつも考えていたら、大きな災害が発生した時でも
心強い社会になりそうですね。

       ***企画の一番搾り***

    『 特技を活かして災害対策 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議