みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2203号  店舗専用「通販カタログ」 ~ 通販カタログは見ているだけでも楽しいよね♪ ~

【企画公開日】2012 .5. 22.(火)

ネット通販をよく利用しますが、見ていて楽しいのは、やっぱりホームページより
書籍のカタログ。買うわけでもないのに眺めていますが、ワクワクします♪ 

最近は、コスト削減でカタログ通販もネットに移行しつつあるそうです。
また、高齢者でもネットを使って買い物をする人も増えているそうです。
(妻のお父さんは先日、ネットで自転車を買っていました)

とは言っても、やっぱり年配の方には、紙のカタログが見やすいだろうし、
個人宅への販促が個人情報の関係でしにくくなっているので、
こんなサービスを考えてみました。

ご近所の高齢者がよく立ち寄るお店にはぴったり!?

▼『店舗専用「通販カタログ」』

●喫茶店を例にご紹介します。この喫茶店には、新聞や雑誌と一緒に、
各社の通販カタログが本棚に並べられています。

●コーヒーを飲みに来たお客さんは、通販カタログを手に席に着きます。
コーヒーを飲みながらカタログを見ています。

●通販カタログは見ているだけでもOK! 読み終わったら、本棚に返却します。

買いたい人は、店員さんに「買いたい商品があるのですが」と言えば、
店舗専用の注文用紙を持ってきてくれます。

●その注文用紙に商品番号を記入し、購入者の情報を記入すれば注文完了。
注文用紙は、店舗から通販会社へ送られます。
※この時、注文者の個人情報は送られません。

●そして、後日、注文の品が届くと店舗から連絡があり、受け取りに来店します。
代金の支払いは、商品を受け取る際に済ませます。

●店舗からの通販サービスは、「一括注文」「一括配送」にします。
例えば、注文は【水曜日】に店舗でまとめて、通販会社に送ります。
そして、商品の配送も翌週の【火曜日】に一括で届きます。

※注文日、配送日はお店により決めておきます。

●こうすることで利用者の「配送料」は無料にします。
支払いも店舗で支払うので「支払手数料」も無料になります。

●個人情報に敏感な消費者も増えていますので、住所やクレジット番号を
知らせることに抵抗のある方には、安心できますよね。

●現在、個人宅への販促がなかなか難しい中、通販会社は
少しでも注文数を増やすには、こういう「地域の窓口」を作ってはいかがでしょう。

●私個人的には、高齢者のネット利用者が増えたと言われていますが、
年齢が進むにつれ、モニターを見ることへの抵抗が増し、
それほど広がらず、頭打ちになると考えています。

●また、そんな中、「買い物難民」化する地方の実情もあり、
“仮想コミュニティ”が形成されているご近所の喫茶店などは、
「窓口」として適していると思います。

●商品の購入者同士で“リアルなコミュニティ”も形成されます。

「あのカタログの服はよかったよ」
「あそこは、ダメだね~」

評判が悪くなったら、怖いですね…(苦笑)。

●喫茶店に限らず、来店頻度の高い場所なら、窓口ができそうです。

       ***企画の一番搾り***

     『 代行窓口を作る 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。