みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2095号 お手伝いでママポイントGET! ~ 家庭内でもポイント制? ~

【企画公開日】2011 .11. 30.(水)

近くのコンビニに行っても、ドラックストアに行っても、スーパーに行っても、

「ポイントカードはお持ちですか?」

と聞かれます。あまりポイントカードを持たない私は、
レジの際、条件反射で「いいえ」と首を振ります。

(ちょっとうんざりすることも…)

と言いつつ、きょうはそのポイントについてのアイデア。
貯めたポイントを家庭で活用してみてはいかがでしょう。

▼『お手伝いでママポイントGET!』

///// ここからはフィクションです /////

子「ママ、おにわの おはなに みずを あげたよ」

ママ「えらいわね~、じゃ、カード持ってきて」

子「はい、これで いっぱいに なったね」

カードを見ると、ママが押したスタンプがいっぱい。
カードには9マスのスタンプを押すスペースがあり、
お手伝い1回ごとにママがスタンプを押します。

子「ねぇママ、これで おかしを かってもいい?」

ママ「いいわよ、あしたお店に行こうか」

子「うん! いくいく!!」

全部のマスがスタンプで埋まると、
100円(仮)の商品券として、スタンプカードを
発行しているお店で使うことができます。

///// フィクションはここまで /////

●ポイントの原資は、ママがその店舗が買い物をする際に付くポイントです。

●「ママポイント」サービスは100ポイント(100円分)が貯まり、
お店に「『ママカード』ください」と言えば1枚もらえます。

※『ママカード』には会員番号が記載されます。

●『ママカード』の使い方は自由。
家庭によりお手伝い1回につき1スタンプでもいいし、
宿題をしたら1スタンプでも、嫌いなにんじんを食べたら1スタンプでもOK!

●『ママカード』がスタンプでいっぱいになれば、
お店で100円の商品券として使えます。

※カードを使わなければポイントは減りません

●こんなポイントの活用の仕方も面白いと思います。

●せっかくコツコツと貯めたポイントですが、
使ってしまえば僅かな商品しか買えません。

●それよりは、こんな活用方法で喜ぶ人(この場合子ども)が多い方が
貯めるモチベーションもアップします。

       ***企画の一番搾り***

   『 楽しむ買い物ポイントライフ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議