みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2044号 アイデアを集めよう♪ スーパー編 ~ たくさん買い物をした日は特に考える! ~

【企画公開日】2011 .9. 13.(火)

商売柄、いつもアイデアネタを探しながらブラブラしています。

妻とは一緒によくスーパーに行くのですが、
「あれはこうした方がいいのに」「あの売り方はないな」
とカートを引きながら妻の後を付いて回っていると妻に、
「もう、うるさいな~、買う物を忘れちゃったじゃん!!」
と怒られる。。。

アイデアのネタになるとはいえ、“粗探し”をしている自分が
ちょっと嫌になる時もあります…。

さて、「毎日が勝負」のスーパーにとってアイデアを常に出し続けることは
とても難しいと思います。そこで、こんな方法でアイデアを募集してみては
いかがでしょう。買い物した時のアレが投票権です。

▼『アイデアを集めよう♪ スーパー編』

//// ここからはフィクションです ////

妻と買い物に行きました。

妻「きょうは、お米や調味料類が切れたから、たくさん買い物があるの。
  あなた(私)、何かスーパーに提案するのにいいアイデアを買い物しながら考えてね」
私「はぁ、アイデア? なんで?」
妻「いいから、考えてよ!」
私「は、はい…」

妻はカートに乗せた2つの買い物カゴがいっぱいになるほど、
商品を乗せてレジに並びました。レジ待ちをしている時、

妻「考えた?」
私「はい…、一応…」
妻「じゃあ、今、レジが終わるからちょっと待ってて」
私「?」

レジが終わり、店員さんからお釣りと長いレシートを受け取った妻は、
私にその長いレシートだけを手渡しました。

妻「あなたが考えたアイデアをここに書いて」

「ここ」とは、レシートの裏面。

私「どこで書けばいいの?」

と聞くと妻が指差しました。ちゃんと机が用意されていて、そこにはペンもあります。
既に先着の主婦らしき女性がいましたが、隣で書く事にしました。私はレシートの裏に
自分の考えたアイデアを書き終わると、

妻「どれ、見せて。う~ん、まぁまぁかな」
私「……。」

妻は私から受け取ったアイデアの書かれたレシートを「アイデアポケット」と
書かれた箱に入れました。

//// フィクションはここまで ////

●わざわざアイデアをレシートに書く理由は、自店で買い物をした人が
考えたアイデアかどうかを判別するためです。

●また、レシートには会員番号が印字されますので、
投稿者は自分の名前を書く手間が要りません。
レシートをかき集めて不正投稿することも防げます。

●さらに、レシートの金額が賞品に連動するようにします。
アイデアが優れている場合は、レシートの印字された買い物金額が
全額キャッシュバックしたり、ポイント還元します。

●そうすることで、よりお店の売上に貢献してくれたお客さんを大事にできます。
応募された方全員にも参加賞として若干のポイントが付加されます。

●店内には、アイデア投稿を促すために【今週のいいね!アイデア大賞】などを発表して、
どんなアイデアで何がもらえたかを告知するといいですね。そうすればより参加意欲が
高まります。

●今ならケータイから簡単に投稿する方法があり、受け取る側もその方が扱いやすいですが、
あえて投稿するのにハードルを上げることで、より厳選されたアイデアが集まる可能性があります。
そして、何よりすぐに出来そうですね。

       ***企画の一番搾り***

『 アイデアは広く浅く集め、企画は狭く深く考える 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議