みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2033号 +ソフトサービス シューズ編 ~ 客にも店にも企業にも付加価値 ~

【企画公開日】2011 .8. 29.(月)

息子たちの少年野球のコーチをやりはじめてから、疲労は感じますが、
体調がとてもよく、体も“アク”が抜け、ますます運動がしたくなりました。

そのため6年ぶりにフルマラソン復活を目指しており、
マラソンシューズを買うことに。。。

きょうはシューズを選びながら考えたアイデア。
モノの品質同様に付加価値が重要と言われます。

そんな「付加価値」について考えてみました。

▼『+ソフトサービス シューズ編』

モノの付加価値として三つの「サポート」を考えてみました。

◆メディカルサポート:シューズの底に秘密が

シューズの靴底はよく磨り減ります。その磨り減る具合を逆手にとって、
靴底を通常より多めに何層も色違いに重ねます。
これにより靴底の減り方がよくわかります。

そのため靴底の減り方を診ながら、走り方の癖を見抜き、故障がしにくいランニング方法や
トレーニング方法を教えてくれるサービスを付加価値にします。

商品を購入した時にメーカーのWEBサイトに登録し、購入後6ヶ月以内(仮)に
一度、靴底の写真を撮って送れば、診断してくれます。

このシューズは通常のシューズと同様に長く使うことはもちろん、
大会に出たりすることも可能ですが、「メディカルサポート」が付いていることで、
ランニングを始める方にお店側がおススメすることもできますね。

「悪い癖は膝や腰の故障の原因になります。
 このシューズなら、自分の癖を診断してくれますよ」

たくさんの方の「靴底データ」が集まることでメーカー側も
商品開発やマーケティングに活用できます。

◆ご褒美サポート:「継続」にはご褒美が必要。

「ランナーズハイ」という言葉がありますが、ある程度走りこんで走る楽しさが
実感できるようになればいいのですが、それまでが挫折しやすくなる期間。

そこで、店舗のある地域のマラソン大会に出場し、完走したら、
メーカー(あるいは店舗)からご褒美がもらえるというのはいかがでしょう。

このサービスの利用方法はシューズの購入時に登録し、
完走した大会の「完走証」(コピーか画像)を送ればプレゼントがもらえます。

豪華なプレゼントでなくても何か目標ができ、
達成できた時に褒めてもらえるのは大人でも嬉しいものです。

◆トレーニングサポート:店内の展示機器で実演トレーニング。

シューズを購入した人は店内に置かれたトレーニング機器(展示用)で
自由(予約制)にトレーニングができるのはいかがでしょう。

雨の日や会社帰りに店舗に立ち寄り、ランニングマシーンで一汗かく。
予約はケータイでできるようにします。高額な入会費や月会費が要らず、
空いていれば好きな時に利用できます。

お店も会員サービスも“賑わい”って大切です。トレーニング機器を利用する人が頻繁に来店し、
トレーニングをがんばっている姿をみたら、自分もがんばろうかなという気になります。

●商品の「付加価値」が購入者だけでなく、商品を提供する企業側にも、商品を販売する側にも
“付加価値”になると、好循環が生まれて、長く続くサービスになりそうです。

       ***企画の一番搾り***

  『 しわ寄せのない「付加価値」が大切 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議