みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1977号 ジュニア・ストレッチクラス ~正しいストレッチで故障を防ぐ~

【企画公開日】2011 .6. 6.(月)

コラムでも書きましたが、私の息子たちが少年野球に入団しました。
入団の際、妻に言われました。

「スポーツ保険に入っとく?」

被保険者は私。(コーチをする際、はりきり過ぎて私が故障するのを懸念しています…)
子どもたちの保険は、入団時に加入することになっています。

私も小学生の時に経験しましたが、「野球肘」になるときにあるんですよね。
局部を過度に使いすぎると柔軟な子ども関節でも故障します。

そこで、こんな教室が地域にあるととても嬉しい。
今でも練習前後のストレッチを十分にしているところは多くないそうです。

▼『ジュニア・ストレッチクラス』

●小中学生を対象としたストレッチ教室を
地域にある整体院が開きます。

●週一回、時間帯は、夜7時から8時くらいの間の30分間。
練習帰りの小中学生が参加します。

●ストレッチクラスでは、整体師が直接施術するのではなく、
やり方を指導しながら、参加者同士で補助しながらストレッチを行います。

※もちろん同性同士です。

●年令もやっているスポーツも学校も違う場合が多いですが、
それも子どもにとっては大切なこと。

●野球のことしか知らない、サッカーのことしか知らないというのではなく、
さまざまなスポーツや人、独特のストレッチの仕方を学び、
自分の競技のストレッチや練習の仕方に活かしていきます。

また、自分もやり方を学ぶことで家庭でもできるようになります。

●指導をしながら、参加者同士で行うので、
大勢の参加者でも対応できるため、価格は低めに設定。

●子どもたちが週一回、正しいストレッチを学べる場があると、
前途有望な子どもたちが故障で競技を断念することも少なくなります。

●子どもは柔軟性があり、体力もあるので、ついストレッチを怠りがちですが、
子どもの時から柔軟性を付けて、体のケアの仕方を学べば、
年をとっても自分の体を大切にするような気がします。

    ***企画の一番搾り***

 『 何事も「準備」が大切 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。