みんなの企画部

2544

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第1921号 ポイント寄付窓口の開設 ~わずかですが、今すぐ私のできること~

【企画公開日】2011 .3. 4.(金)

ニュージーランドで大地震がありました。
学生時代に1ヶ月、その10年後の新婚旅行で2週間旅行したことがあり、
テレビで観る現地の状況にかなりショックでした。

早期の復興を望みます。

さて、こんな時、何かできることはないか。
地震などの自然災害は世界中、どこで起きてもおかしくありません。
まして、地震の多い日本では。。。

そこで、こんなサービスはいかがでしょう。

▼『ポイント寄付窓口の開設』

////ここからはフィクションです////

ある地域で地震が発生しました。
被害状況は深刻です。
その状況をテレビでみて、

私「何かできることはないかなぁ…」

とつぶやくと妻が、

妻「そうだ! 確か、あそこのお店のポイントが
  貯まっていたよね?」

私「うん、貯まっているよ。ポイントで何買おうか、
  考えたいたところだから」

妻「それを寄付しましょうよ」

私「えっ、そんなこと、できるの?」

妻「お店に行って、『ポイントを●●に寄付します』といえば、
  ポイントが換金されて、寄付されるそうよ」

////フィクションはここまで////

●災害などが発生した時、ポイントを発行している企業が
すぐに「ポイント寄付窓口」を開設します。

「ポイント寄付窓口」では顧客が、

「このポイントを寄付してください」

と店頭で申し出れば、ポイント分の寄付ができます。
※ポイントの寄付は、全部から一部まで自由に設定できます。

●また、商品購入をした際に、

「今回の商品に付くポイントは、寄付してください」

という方法も可。

●お客様から集まったポイント(寄付)を換金して、
企業はまとめて被災地に送ります。

●この仕組みなら、寄付がすぐに集まり、
寄付されたお金もすぐに被災地に届けることができます。

●せめて大手の小売企業にはこういう仕組みを導入してほしいです。

   ***企画の一番搾り***

   『 思いをすぐに届ける 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。