みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第1920号 お土産は地元スーパーで ~本当の地元食材を買う~

【企画公開日】2011 .3. 3.(木)

旅行に行くと誰もが気付くと思うが、
「うちの自宅近所と風景が変わらない…」

理由は、全国展開しているお店ばかりが幅を利かせ、
どこに行っても同じ看板ばかり。

観光地の名所旧跡を一歩外のでると、自分の地元と同じ風景。
何だか寂しいですね。お土産売り場で売られている商品は、
いまや簡単にネットでお取り寄せできます。

そこで、こんなところに注目してみました。
ここはまさに地元食材の宝庫。

▼『お土産は食品スーパーで』

●それは、地元に根付いた食品スーパー。

●各都道府県の特徴を紹介している某番組では
地元食材を紹介する際は決まって地方のスーパーが出てきます。

●そう、こここそ、その地域の食生活や文化が現れている場所。

その地域でよく食べられている食材や売れ筋商品は
目立つ場所に置かれています。

●地元の方は気付かないかもしれませんが、他の地域から
来た人にはわかります。特に毎日買い物にいく高齢女性なら、
一目でわかります。

「へぇ~、ここでは毎日これを食べるんだ!」
「これって、なんだろう?」

いろいろな発見があります。

●一通り観光地を回ったら、その地域に根付いたスーパーへ
足を運んでみてはいかがでしょう。

●もう観光施設やお土産、駅弁ですら、全国で販売され、
紹介する新ネタはないでしょう。ガイドブックでも紹介したら、
面白いと思いますよ。

●こうすることで、大手企業にも負けず、地元民のために
がんばっている中小スーパーが注目され、元気になってくれると
街にとっても嬉しいと思います。

●便利さ、快適さを追い求めた結果、何もかもが均一化され、
個性がなくなりました。お土産ももともとは地元の食材や
文化だったのが、今やどれも“商品化”され、どこでも買えます。

●やっぱり個々にキラリと光る個性があって頑張っているからこそ、
全体に活気が生まれると思います。(日本全体でも言えますね)

●旅行もこんな視点で見直したら、もっと楽しくなると思います。

   ***企画の一番搾り***

   『 小さくても光るモノ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議