みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1906号 スマートスロー便 ~シールを貼るだけでCO2削減。~

【企画公開日】2011 .2. 10.(木)
「エゴの押し付け」の“エコ”から、
陰ながら環境問題に取り組んでいる企業が増えてきたように思います。
弊社でも毎日利用する宅配便ですが、最近はリアカー付きの自転車で運んだり、
貨物列車を利用したり、一般客が乗る地下鉄を使って運ぶ試みもしているそうです。
トラックや軽トラで運ぶのが最も効率がいいとは思いますが、
非効率でしかもコストがかかっても、環境問題に取り組む姿勢には頭が下がります。
さて、きょうは宅配便でこんなことを考えました。
すべての荷物が「翌日配送」でなければいけないわけではありませんから。
▼『スマートスロー便』
●荷物を出す時、
「この荷物はゆっくりで♪」
と、あるシールを貼る。そのシールとは、
—————————
◆スマートスロー便◆
—————————
●『スマートスロー便』は、通常配送よりCO2を50%(仮)削減した運送システムを
利用したサービスのこと。削減方法は、貨物列車を使ったり、ハイブリット車を利用したり、
自転車や徒歩を使って、CO2の排出を抑えます。
●そのため、荷物は「翌日配送」ではありません。
通常配送より2~3日(仮)遅くなる可能性もあります。
しかし、急がない荷物の時は、これでもいいのではないでしょうか。
●利用者は『スマートスロー便』のシールを貼るだけで利用できます。
料金は通常料金と代わりません。ただ、少し配送が遅くなるだけ。
●また、『スマートスロー便』シールには、
———————————–
この荷物は荷主様のご協力でCO2排出を
削減した輸送方法でお届けしました。
———————————–
と書かれていますので、荷物を受け取った側にも好印象を与えます。
●ひょっとしたら、受け取った側もこのサービスのことを知り、
「次回はうちも使いたい」と利用が広がるかもしれません。
●もちろん、CO2を削減した方法で運んだこととCO2削減量の算定は、
第三者でもわかる仕組みにする必要がありますが、
陰ながら環境問題に取り組んでいる企業を応援する意味でも
こういうサービスはいかがでしょう。
●お店でギフトを贈る際や、観光地からのお土産(生もの以外)配送でも
利用したいお客様がいるかもしれませんね。
●『スマートスロー便』が増えてこれば、サービス業者もより効率的なシステムが
構築できるようになり、配送時間も短くなってくるのではないかと思います。
●よくよく考えてみたら、そんなに急がなくてもいいことって多くないですか?
費用が高くなると利用者は増えませんが、手間がかからず、少し遅くなるくらいなら、
利用してみたいです。
***企画の一番搾り***
『 利用者がサポートできる仕組み 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。