みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1521号 速乾できます! ~ゲリラ豪雨もサービスに取り込む~

【企画公開日】2009 .6. 18.(木)

ひげが濃い私は、毎朝シェーバーでひげを剃るのですが、
これから蒸し暑くなる季節は、とても不快です。

私は汗っかきでもあるので、ひげ剃り中に汗をダラダラをかき、
顔中が剃ったひげで黒くなるから。。。あ~、面倒くさい!

さて、先日もゲリラ豪雨がありました。突然の雨でスーツや靴が
濡れた人も多いでしょう。蒸し暑さもあって不快だったでしょうね…。

(その時私はオフィスで缶詰)

そこで、こんなサービスをはじめてはどうでしょう。
雨が降り始めた時がチャンスです。

▼『速乾できます!』

出張先で突然の大雨にあいました。

私(うわぁ~、靴もズボンもべたべただな…)

不快感全開で帰りの電車に乗るため、駅に向かいました。
すると、あるビジネスホテルの前にこんな看板を見かけました。

 ————————————————–
     ゲリラ豪雨に負けない!速乾サービス

  ★突然の雨で濡れた「服」と「靴」を乾かします!
  ★専用機器を使うので、ずぶ濡れでも10分でOK! 
  ★スーツはアイロンサービスもあります。

  お気軽にフロント係員までお申し付けください♪
 ————————————————–

私は濡れた靴とズボンで数時間も電車に乗るのはたまらないので、
早速、そのビジネスホテルに入りました。

私「すみませんが、表の看板を見たのですが、
  靴とズボンを乾かしてほしいのですが…」

ス「ありがとうございます。では、こちらでお着替えください」

部屋へ通され、バスローブを手渡されました。

ス「こちらでしばらくお待ちください。
  雑誌や本がございますので、ごゆっくりどうぞ」

そこの部屋には、他にもバスローブ姿の方がいて、
マンガを読みながら待っていました。

私はマンガを夢中に読んでいたので時間に気付きませんでしたが、
10分から15分でスタッフが乾いたズボンと靴を持ってきてくれました。

乾かすだけでたいしたサービスではありませんが、
濡れた本人にとっては、とってもありがたいサービスですね。

ビジネスホテルではなくても、靴屋さんや洋服屋さん、
クリーニング店だって、できそうです。

こんな時代だからこそ、起死回生のアイデアなんて要りません。

お客さんの「こんなこと、できませんか?」に応えたお店が
お客さんに支持されていきます。

         +++++ 今日の企画一番搾り +++++

        『 こんなこと、できませんか? 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議