みんなの企画部

2545

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1307号 花火パーク ~近所ではやれないし…~

【企画公開日】2008 .7. 22.(火)

妻の実家で法事がありました。
その時、子どもに花火をもらいました。

子どもは大喜びで、「はやくやりたい!」と言います。
しかし、近所は住宅が密集しているし、自動車もたくさん駐車していて、
ここではできません。

たとえ庭があっても、夜洗濯物を干す家庭も増えていますので、
花火ができる場所って、なくなりましたね…。

そこで、こんなところがあると、観に行くだけでも楽しそうです。
▼『花火パーク』

子どもがどうしても花火がしたいというので、
ネットで探してみました。

(まさかないだろう…)

と思っていましたが、ありました!
その名も『花火パーク』

『花火パーク』は、昼はバーベキュー場ですが、夜は夏限定で、
『花火パーク』に開放されるそうです。

早速、家族で出掛けました。
現地に到着し、管理棟で申請します。

管「花火は持ってきていますか?」
私「はい、ここでも買えるのですか?」
管「はい、買えますよ」

いいですね~、持ってきた花火では物足りなくなったら、
買おうと思います。

なかなか住宅が密集した場所ではできない大きめの花火でも、
ここでは気がねなく打ち上げることができます。

申請を終えると、水の入ったバケツを各自持って、
パーク内の開いている場所へ向かいました。

※パーク内での利用については、一通り説明を受けます。

私も童心に帰って、花火に火を付け、楽しみました。

よく見渡すと、周りにもたくさん花火を楽しんでいる家族連れや
カップルも多く、観ているだけでも楽しいです。

妻「いろいろな花火が観れて、楽しさが倍になるね!」

夕涼みをかねて、花火観賞をしにいらっしゃる人もいるそうです。
こういう場所があったら、安心・安全に遊べますよね。

       +++++ 今日の企画一番搾り +++++

          『 限定サービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。