みんなの企画部

2569

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1209号 ショットdeリサイクル ~“捨てられない人”はどうぞ~

【企画公開日】2008 .2. 28.(木)

「“捨てたい欲求”9割超!所有欲求が強いほど、
 “捨てたい欲求”も高い!」【電通消費者研究センター】

心当たりのある人も多いでしょう。なかなか捨てれないのですよね…。
「今捨てたいもの」ベスト3は、!「洋服」、「本・雑誌」、
「バッグ・靴」、だそうです。洋服は知らないうちに溜まっていきます。

さて、一方で「捨て上手」の人もいます。その方は、「写真に撮っておく」
そうです。想い出深い物も多いので、そのまま捨てるには寂しいそうです。

何かひらめきましたね!
こんなサービスがあったら、もっと中古品市場が活況になるかも!?

▼『ショットdeリサイクル』

●衣替えの季節のある日。新聞折込チラシを見ていたら、
こんなチラシが入っていました。
 ——————————————-
   *  ショットdeリサイクル  *

  『なかなか捨てられない人へご提案!』

  想い出の品の写真を撮りませんか?
   想い出を残した後は、リサイクル!
 ——————————————-
●「捨てられない人」の私は、早速、チラシをもって、
近所の写真スタジオに行きました。持って行った物は、洋服とかばん。

店「洋服は、そのまま撮ってもいいですし、お客様が着てもいいですよ」

えっ、着てもいいの! 早速着替えて撮影です。
撮影はデジカメなので、その場でパソコンでみれます。

私「さすがプロですね! ちょっと照れくさいけど…」

そう言いながら、どんどん撮影を進めていきます。
想い出のカバンも私が手に持ち、“モデル撮影”。
気持ちのいいものです。

●撮影が終わると、

店「では、こちらの物は引き取らせていただきます」

●それらの物は、提携した下取り店にもって行き、評価してもらいます。
撮影費はその差額になります。

●下取り品により、撮影費がかかることもあれば、無料になることも。
また、お金がもらえることも!

●利用者にとっては、捨てられた感で満足して、さらに写真に
残せたことで、想い出も残ります。

●写真スタジオは、新しいサービスで顧客が開拓でき、
お客様の“撮影費を創る”ことができ、利用が促せます。

●中古品店も“潜在商品”が手に入ります。

※このストーリーは企画上のフィクションです。

         +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

          『  心の満足感  』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。