みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1177号 レスキュー・タクシー ~現場で対応してくれるのが、心強い~

【企画公開日】2008 .1. 11.(金)

先日、家族で車で移動中に、交通事故現場に遭遇しました。
運転手は女性のようです。随分気が動転しているようでした。

事故を起こしたのだから、とても冷静にはいられないでしょう。
女性でなくても、おそらく私でもオロオロしそうです。

その女性は、電話で一生懸命誰かと話していたようですが、
保険会社でしょうか、身内でしょうか、それとも友人でしょうか。

しかし、保険会社でもすぐに駆けつけてくれるわけではありません。
そこで、こんなサービスがあると、とても心強いです。

▼『レスキュー・タクシー』

※ここからは、架空の設定です。

●事故を起こしてしまいました。加害者は、私の方です。
車は大破して、相手側の車も損傷が大きし、ケガもしているようです。

●すぐに、救急車を呼びました。
そして、「事故を起こしたら…保険会社に」を思い出し、
保険会社にも電話しました。

●すると、担当者が冷静に指示してくれました。そして、

担「すぐに、サポートスタッフを現場に向かわせます」

●数分後でしょうか。タクシーが来ました。
タクシーからはドライバーが降りてきて、

タ「大丈夫ですか? 事情はお聞きしました」

と言って、車の移動や警察との対応など、私と一緒に、
現場でサポートしてくれました。とても心強かったです。

●このタクシードライバーは、保険会社の要請で、
現場近くを走っていたタクシーです。

●現在は、配車システムを導入しているタクシー会社もあり、
迅速に現場へ急行することができます。

●医療行為はできませんが、応急処置の資格も保有しているので、
場合によっては、被害者の対応もできます。気が動転している人を
現場で精神的なケアもしてくれます。

●また、保険会社にとっては、事故現場の写真を撮ったり
対応することで、状況を正しく把握することもできます。

●競争が激化し、さまざまなサービスを考えているタクシー会社にとって、
これも一つ求められるサービスになりえるかもしれません。

     +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

      『 強いを最大限活用する 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議