みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1164号 バイスクル・ガレージ ~1円、2円の競争より…~

【企画公開日】2007 .12. 13.(木)

ガソリンの全国平均価格がまた、最高値を更新したようです。
ドライバーにとっても痛いのですが、ガソリンスタンドにとっても
儲かっているわけではないそうです。

以前より「ガソリンでは儲からないので、油外収入で」という話は、
よく聞きます。

さて、レンタルガレージがカーマニアだけでなく、一般ユーザーの
利用も増えてきたそうです。ガソリン高騰で、少しでも自動車関連の
支出を減らしたい背景もあるそうです。

レンタルガレージとくれば、自転車のガレージがあってもいいですよね。
自転車は、車より身近な乗り物なのに、サービス拠点が少なすぎます。

▼『バイスクル・ガレージ』

●「ツーキニスト」の友人は、いつもスタンドに寄っているという話を
聞きました。

私「ガソリンスタンドに、何の用?」

友「今のガソリンスタンドはな、自転車の整備ツールが充実しているのよ。
  ママチャリクラスのパンク修理はもちろん、俺が乗っている競技用の
  自転車の修理道具まで置いてあるんだ」

●自転車の工具が置いてあるスペースは、『バイスクル・ガレージ』という。
車一台分くらいのスペースに、空気入れはもちろん、あらゆる工具が
置いてあります。

友「パンク修理用のパッチも一枚単位で販売されているから、結構嬉しいのよ」

●確かにホームセンターに行けばまとめて安く買えるが、そうそう使うもの
ではなく、一枚使って残りがムダになるケースもあります。

私「でもさ、頻繁に壊れるわけじゃないから、いつも寄る必要はないだろう?」

友「実はさ、ツーキニストには最適な補給食品が置いてあるのよ。
  まるで、マラソンのエイドステーションのようにさ」

●運動時に補給すべき栄養素が含まれている食品が置いてあるという。
「車にガソリン」のように、体に“給油”ですね。

●自転車の修理は、自動車ほど複雑ではありません。地域の自転車屋さんの
サテライトショップとして、ガソリンスタンドに普及したら、もっと、
安心して自転車が乗れる環境が整い、ビジネスとしても魅力的になると
思います。

●ガソリンスタンドは、生活に根付いた「インフラビジネス」です。
環境問題の矢面に立ち、1円単位で一喜一憂する自動車ガソリンより、
これからは、新しい“充てんサービス”はいかがでしょう。

     +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

    『 新事業はコンパスのように 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議