みんなの企画部

2750

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

【第3,666号】《 個性を楽しむ『デコスリッパ』 〜 生暖かい他人のは嫌! 〜》

【企画公開日】2020 .5. 28.(木)

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_28]

No.52/100【第3,666号】《 個性を楽しむ『デコスリッパ』 〜 生暖かい他人のは嫌! 〜》

クレーマーではないが、以前から「旅館に泊まってこれだけは嫌!」ということがある。それは、他人のスリッパを履くこと。気持ちのいい温泉から上がって部屋へ戻るときに、生暖かいスリッパを履いた時、いや〜な感じ。大広間で食事を食べる旅館でもある。旅館の場合、素足の場合が多いので特に不快に。

潔癖症ではないが、皆さんはそんな思いをしたことはない?

<デコスリッパ>
温泉が自慢の旅館に家族で泊まることになりました。
ロビーでチェックインをしているとき、ふとお客さんの足元を見て、一つ気づいたことがありました。

(派手なスリッパだなぁ…)

しかも、一つ一つ違うようです。不思議に思いながら、チェックインを済ませ、部屋に案内をされました。旅館のスタッフが一通り説明を終えると最後に、ドアのところにおいてある箱を説明しました。

スタッフ「この箱には、スリッパを自分の好みにデコレーションできるシールやはさみ、ペンが入っています。ご宿泊中を少しでも楽しくお過ごしいただけるようにこのようなサービスをしております。よろしければ、デコレーションをお楽しみください」

箱には、今までお客さんが作ったデコスリッパの見本写真が入っていました。

妻「へぇ〜、面白いね!」
子ども「ぼくもやる!!」

旅館に着いた時の疲れがどこかへ行き、家族で夢中になってデコスリッパを作りました。

早速、デコスリッパを履いて温泉へ向かいました。すると、なんと華やかなんでしょう! 多くの人がデコスリッパを楽しんでいます。デコスリッパのメリットは、他人のスリッパを履かなくてもいい点。風呂上りに他人の生暖かいスリッパはちょっとつらいですから…。

そういえば、ロビーにはスリッパの写真が飾ってありました。
————————————–
ネット投票! みんなで選んだ
≪ベスト オブ デコスリッパ≫
————————————–
非日常の旅行中は、あますとこなく楽しみましょう♪ デコスリッパは持ち帰れます。

「共有を避ける」というより「個々を楽しむ」でニューノーマル(新常態)の時代を乗り切ろう。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『衛生管理はユニークに』

小島:答え合わせは1年後

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「大丈夫、策はある」コロナ禍時代の新ビジネス・アイデア55



「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」
二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議