みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3516号 【 日替り「パーソナルトレーナー」 】あえて振り幅大きいサービスを提供。

【企画公開日】2018 .1. 18.(木)

最近、私が住む田舎にも3,000円を切るスポーツジムが増えてきました。
プールやサウナなどの設備をおかず、人件費も極力抑えた、
セルフに近いスポーツジムです。

しかし、この業界の企画に携わってわかったことですが、
運動しない人はタダでもしません。
結局、スポーツジムに通っている層の奪い合いでしかなく、
安くなったらと言って顧客層が増えるわけではありません。

格安ジムが今後生き残っていくかわかりませんが、
あえてこんなサービスを用意してはいかがでしょう。
「私のパーソナルトレーナー」って、響きがいいです。

▼【 日替り「パーソナルトレーナー」 】

ーーーーーーーー
格安ジムですが、「パーソナルトレーナー」が雇えます
ーーーーーーーー

仕組みは、フリーのインストラクターに登録していただき、
曜日ごとに来場できる時間帯を設定します。

例えば、
(1)月曜から金曜までの5人、
(2)時間帯は19〜21時
(3)一人30分
(4)料金は月会費+3,000円/回(仮)

指定の曜日・時間帯では各インストラクターはジムに常駐し、
予約があれば予約した会員に付いて運動指導し、
予約がなければその場で利用したい会員に指導します。

この方法ならセレブでなくてもパーソナルトレーナーの
指導を受けることができますよね。人気トレーナーは、
曜日・時間帯を広げていくこともできます。

さらに、自分が気に入ったパーソナルトレーナーを
自分の都合のよい曜日・時間帯に指導してもらいたい場合は、
別途料金を支払い依頼します。

つまり、会員制が三段階あり、
(1)一般会員
(2)準パーソナルトレーナー会員
(3)正パーソナルトレーナー会員
となります。

運動する目的は人それぞれ違いますから、
振り幅を大きくしておくことで
多くの層にご満足いただけます。

スポーツジムの人件費削減の煽りを受けて
フリーのインストラクターの職場も少なくなっています。

★アイデアコンセプト★
『 ベースは低く、振り幅を持たせる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議