みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第3390号 【 ロングタイム・カッティング 】本当になりたい髪型にしてくれる美容室。

【企画公開日】2017 .6. 21.(水)

「1回1000円なんだから、毎月行ってよ!」

だらしなく伸びている私の頭髪をみて妻に叱られます。
通勤で利用する駅の中にある散髪屋さんでいつもカットします。

しかし、頻繁に行かない理由はお金の問題ではなく、ただ面倒なだけ。
反論すると3倍になって返ってくるので「はい、わかりました」と
その場だけ返事をします。。。

さて、短時間・低料金の理美容室が増えていますが、
逆転の発想でこんなサービスはいかがでしょう。
伸ばしている期間のケアの仕方もお教えします♪

▼【 ロングタイム・カッティング 】

例えば、お客さんが雑誌の切り抜きを持って来て
「こんな髪型にしたい」と美容師さんに相談したとします。

美容師「そうですね、前髪は今の長さでも大丈夫ですが、
後ろ髪の長さがもう少しほしいですね」

それでも今その髪型にしたいというお客さんでしたら、
その場でカットします。しかし、時間がかかってもいいから
理想の髪型にしたいお客さんは、

美容師「では、3ヶ月後にカットしましょう」

と提案します。3ヶ月後に理想の髪型にカットするために、
必要な部分の髪を伸ばします。

美容師「今回は、前髪と横をカットして、次回、
より理想的なカットができるように整えておきます」

そして、

美容師「3ヶ月の間の髪の手入れ方法もお伝えいたしますね」

理想の髪型にするために、
(1)仮カット・・・理想的な髪の伸び方をするために
(2)日常の髪のケアの仕方・・・理想的な髪質にするために
(3)伸びるのを待つ・・・理想的な髪型にするために
時間を掛けて、お客さんの希望を叶えます。

(1)(2)は低料金で行い、
(3)は正規のカット料金をいただきます。
※(1)の仮カットは(3)までの準備とはいえ、
十分美しくカットしてくれます。

理想を追求するお客さんには、これくらい時間を掛けた
サービスを提供してはいかがでしょう。

ひょっとしたら(3)に来ないリスクはありますが、
この美容師(美容室)に対して好感は持てますよね。

(あざとくお金を取ろうする姿勢が
見えると引いてしまいますから・・・)

「貧すれば鈍する」と言われますが、
商売も焦るほど客は離れていきます。

★アイデアコンセプト★『 急がば回れ戦略 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議