みんなの企画部

2457

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第3306号 【 巡タク 】タクシー乗り場も使い分けよう。

【企画公開日】2017 .2. 15.(水)

土地勘がない地方へ出張に行った際、駅から訪問先まで近距離でも
ついついタクシーを利用してしまいます。

タクシードライバーさんにしたら、せっかく待って乗せた客が
近距離では残念に思いますよね。
私もつい「すみません」と言ってしまいます。

そこで、駅で乗車待ちをしているタクシーに限り、
こんなサービスを作ってはいかがでしょう。
当番制にしたら不公平感ないのでは?

▼【 巡タク 】

駅から近距離のエリアを巡回するタクシーが「巡タク」。
近距離とは、例えば1km圏内。

「巡タク」の乗り場は他のタクシーとは別にして、
こう表示します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここから1km圏内のお客様は、
こちらのタクシーがお得です!
1回300円(仮)
※ただし相乗りとなります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

1回300円の乗客を助手席1人、
後部座席に3人乗せて、計1200円。

(1)乗客は「巡タク」に乗ると車内に置かれたタブレット端末で
目的地を各自でタッチします。

(2)乗客が定員(4人)に達するか、最初に乗った乗客から
10分(仮)が経過したら出発します。

(3)道順はタブレット端末が最適・最短コースを表示し、
ドライバーはその指示(ナビ)に従って運転し、乗客を目的地まで
連れて行きます。

(4)すべて送り届けたら、再び駅に戻り「巡タク」乗り場で
乗客を待ちます。

この「巡タク」サービスは、タクシー会社ごとに当番制にして、
所定の台数を「巡タク」に回します。

「巡タク」が得なのか損なのかは日によりますが、
このサービスを導入することで利用者の利便性が高まり、
「タクシーサービス」へのイメージも質も向上します。

特に一人暮らしの女性は夜間の一人歩きは危険です。
近い距離だけどタクシーに乗りたいが、遠慮して
利用しない人もいると思います。
また、高齢者や手荷物が多い旅行客など需要はあると思います。

同じタクシーでもコース分け(使い分け)したら、
もっと利用の幅が広がると思います。

★アイデアコンセプト★『 お客にコースを選ばせる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。