みんなの企画部

2535

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3247号 【 10分前限定の予約席 】10分前からしか予約できません!?

【企画公開日】2016 .11. 4.(金)

電車に乗っている時、車内広告で、
新設の「パウダールーム」の宣伝がありました。

(女性専用なので私は行きませんが・・・)
駅ビルの中にあるのでとても便利ですが、席が満席だったら困ります。
しかし、予約ができたとしても仕事が長引いて、
その時間に行けるとも限らない。。。

そんなことを勝手に考えていたら、こんなサービスを思いつきました。
意外に潜在需要を顕在化するかも!?

▼【 10分前限定の予約席 】

例えば、駅周辺にある美容室。
通常の予約ができる席(枠)とは別に
10分前からしか予約のできない席(枠)を設けます。

10分前からしか予約ができないということは、
予約をしたらすぐにお店に向かわないといけないのですが、
「今すぐ利用できるなら、行きたい」というニーズを
掘り起こすことができます。

つまり、前日などに予約をしても
仕事が長引いたり、飲み会の予約が入る可能性があり、
スケジュールを固定化したくない方にぴったりなのです。

スケジュールに縛られたくない人には、
こういう「今すぐ利用できるなら行く」というサービスは
とても嬉しいと思います。

10分前にスマホで予約をしたらスマホがカウントダウンをし始め、
時間までに来店するように促したり、地図を使ってナビしたり。

私の想定では、「10分前予約」の方がキャンセル率は
低いと思います。だって、今行けるなら行くと言っているのですから。

余談ですが、以前、18時前に駅前の居酒屋に行った時、
店内はガラガラなのに、
店員「すみません、本日予約がいっぱいでご利用できません」と!
だったら、予約時間が来るまででいいから、と言って、
20分程度飲んで店をでましたが・・・。

予約客も大切ですが、わざわざ足を運んで店に来てもらった客を
断る予約の仕方に問題があると思いますので、
「直接来店した客の席」「事前予約者用の席」「10分前予約者の席」と
店内の席の運用方法を工夫したら、より多くの客が利用できると思います。

ケータイ時代の今、時間も場所も曖昧のまま、
待ち合わせすることが増えました。
そんな“ケータイ族”には「今すぐ利用できるなら行く」が
ぴったりだと思います。

★アイデアコンセプト★『 「今すぐ」がポイント 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。