みんなの企画部

2421

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3094号 【 スケッター・テーブル 】人手が足りないときの「臨時サービス」。

【企画公開日】2016 .3. 14.(月)

週末に、野球仲間とご近所の中華料理店に食事に行きました。
よく行くお店で歩いていけるのが飲み助には超嬉しいお店です。

さて、テーブルに着き、メニュー表を見ていると店員さんが、
「すみません、きょうは人が少なくて料理を出すのは少し遅くなります」
と申し訳なさそうに言うので、「全然、平気ですよ♪」と答えました。

馴染みの店ということもありますが、最初に言われたら、
遅くても気になりませんでした。そこで、この経験をヒントに
こんなサービスを考えてみました。飲食業界の人手不足も深刻ですから。

▼【 スケッター・テーブル 】

●例えば、居酒屋さん。
その日はバイトが風邪で急な欠勤が発生し、ホールスタッフが足りません。
そんなときのために、こんなサービスを用意します。

来店したお客様に、

店員「誠に申し訳ございませんが、本日、スタッフが急病で、
   料理のご提供にお時間を要する場合がございます」

と断りを入れて、

店員「セフルサービスのテーブルをご用意できますが、
   いかがいたしましょうか?」

●つまり注文した料理が出来上がったら、お客様のテーブルに
呼び出しが入り、お客様が料理を取りに行きます。

お客様が店員の助っ人になるという意味で、
「スケッター・テーブル」

●このテーブルでの注文は客側がオーダー表に書き込み、
厨房にあるポストに投函するオーダー方式。

料理が出来上がれば、呼び出しが入り、取りに行きます。
空いたお皿も洗い場にある棚に返します。

●学生時代、居酒屋でバイトしていましたが、
ホールスタッフが少ないと出来上がった料理の提供が遅れて、
(空腹の)お客様をイライラさせたり、料理が冷めてしまって
作り直しもありました。

また、空いたお皿の回収やテーブルの片付けもかなり人手を使うので、
半セルフ方式で料理の提供とお皿の片付けを協力してくれたら、
とても助かります。

●もちろん、タダで手伝ってとは言いません。
「ドリンク1杯無料」
「枝豆食べ放題」
「4名様から飲み放題OK!」
など、特典を付けます。

●私のようによく飲む人はトイレに行く回数が多いために
ついでに行くことを考えると手間ではありません。

●さらに、「スケッター・テーブル」は厨房に近い、
店内奥のテーブルの方が便利がいいので、
人気のないテーブルでも有効に活用できます。

●お店の雰囲気や店長の考え方もありますが、
正直に「きょうは店員が少ないです」と言えば、
大方のお客様は受け入れてくれると思います。

●飲み食いが好きな私は逆にこんなサービスが嬉しいですが、
皆さんはいかがでしょう。

●店員が少ない日は「スケッター・テーブルあります!」と
店頭に告知したり、会員メールでお知らせしてもいいかも。

★アイデアコンセプト★『 完璧を求めない 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。