みんなの企画部

2421

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2995号 【 絶対に忘れ物をしないトイレ 】SAで便器に座りながら考えたこと。

【企画公開日】2015 .10. 5.(月)

次男の野球の遠征途中、立ち寄った高速道路SAのトイレで考えたこと。

車から出る時に手に持った「財布」「車の鍵」「スマホ」を
トイレの中の棚に置いて便器に座った時、

「ここに置いたら忘れそうだなぁ」
「でも車から出る時はこの3つは持って来るよなぁ」
「絶対に置き忘れないようにするには・・・?」

そう考えた末のアイデアがきょうのネタ。
置き忘れないためには、手に持たないと出れないようにしたらいい!

▼【 絶対に忘れ物をしないトイレ 】

●トレイのドアの内側に扇型の板を取り付けます。

(1)トイレに入った時、この扇型の板を手前に倒します。
   すると棚になります。
(2)この棚に手荷物を置きます。
   ※カバンを置いても荷重に耐えられる強度

●さて、用が済み流した後、そのままトイレを出ようとしても
出られません。そう、棚が扉を開けるのを邪魔をしているから。

(3)棚に置かれた自分の手荷物を手に取り、
   棚を元の位置に戻すと扉が開きます。

●これなら絶対に手荷物を置き忘れてトイレを
後にすることはありませんよね。
※板の形が扇型の理由は、角で怪我しないためです。

●この棚以外、荷物が置けるスペースを作らなければ、
必ずこの棚を利用します。
つまり、「絶対に忘れ物をしないトイレ」になるわけです。

●この棚は便器に座った時、目線の高さくらいであれば
頭をぶつけたり、身長が足りなくて置けなかったり、
高い位置では外から手を伸ばし盗難に遭うこともありません。

いかがでしょう?

●さらに、この棚こそ注目度が高いので、
広告を載せるとビジネスとして活用できます。

●広告はSA内の店舗の広告でもいいが、
高速道路の移動中のことを考えると、
アプリやスマホゲームの広告は食いつきがいいかも。

●「倒す前の面」と「倒した後の面」が使えるので、
スポンサーも複数獲得できます。

以上、便器に座りながら考えたアイデアでした。
なお、これなら後付けでも取り付けられます。

★アイデアコンセプト★『 必ずする行動パターン 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。