みんなの企画部

2497

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2968号 【 サプライズ・クーポン! 】年齢制限間際の方向け。サプライズが嬉しい!

【企画公開日】2015 .8. 24.(月)

土曜の夜、長男の塾の帰りに二人で焼肉を食べに行きました。
席に着き、タウン誌で切り取ってきたクーポン券を差し出すと、
店員さんに「小学生ではありませんか?」と聞かれました。

クーポン件を使うと小学生以下は半額になるため、
店員さんが気遣って聞いてくれました。

しかし、私は長男の“プライド”を尊重し、
「中学生ですから」と言いました。

まぁ、中1で飛び抜けて身長も高くないので、
小学生でも通用しますが、長男の“プライド”を尊重して。。。

その時、ふとヒタめいたアイデアがきょうのネタ。
事前にうたうよりサプライズが嬉しいかも?

▼【 サプライズ・クーポン! 】

●クーポン券に年齢制限があると、
必ず少しオーバーした年齢層が発生します。

●まぁ、お客さんによっては“年齢詐称”する人もいますが、
正直に申告した顧客へは、特別なクーポンをその場で
サプライズで進呈するのはいかがでしょう。

●例えば、今回の私と長男の場合、
小学生以下は半額になるクーポンですが、
「中学生です」と申告した顧客には、

●店員「では、中学生の方には特別に『ご飯1杯無料券』を差し上げます」
※『ご飯1杯無料券』クーポンには、「成長応援クーポン」と小さく書きます。

●このクーポンの意味は正直に申告してくれた“お礼”です。
店舗としては“年齢詐称”は織り込み済みだと思いますが、
こんなサプライズがあったら好感持てますよね。

●「ご飯1杯無料券」でなくても、「ドリンク1杯無料券」でも、
次回使える「中学生特別半額券」でもいいと思います。

●店員さんがその場でポケットから取り出して、
サプライズで差し上げるのがより喜ばれそう。

●シルバー層向けの年齢制限(例:65歳以上)では逆もありますね。

●運営管理上、画一的なサービスを好む企業もありますが、
コンビニでも店舗の個性を出す時代なので、
店員さんの裁量が効くサービスがあっても面白いと思います。

●なんなら、その場で店員さんが小切手のように
「自由記入」で特典が作れるサービスなんて
かなり大胆ですが、ユニークだと思います。

★アイデアコンセプト★『 裁量権 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。