みんなの企画部

2544

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2940号 【 宅配、一回で受け取れたら特典! 】再配達が社会的にも大きなコスト。

【企画公開日】2015 .7. 8.(水)

こんな会話が我が家ではよくあります。
自宅前を宅配車が通る音がした時、
妻「何か、頼んだ?」
私「えっ、きょうはこないけど…」
それくらい通販で買っています。。。(汗)

さて、頼むのはいいが、受け取れない時が多いので、
妻は嫌がります。「宅配の方に申し訳ない!」
こんな方は少なくないのでは?

再配達のコストは、社会的にも大きなコストになっています。
ある宅配業者では、全体の20%が再配達しているそうです。
時間指定サービスがあってもこれだけあるんですね。。。

そこで、こんなサービスを考えてみました。
根本的な解決になりませんが、「一回で受け取りたい!」意欲がわきます。

▼【 宅配、一回で受け取れたら特典! 】

●宅配の伝票に一工夫。
荷物を発送する業者の多くは宅配業者が提供する印字ソフトを
使っていますが、印字する際に最初から「不在」を前提に
伝票を作ります。

《宅配伝票》
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
《1》受取人の情報
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
《2》発送人の情報
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
《3》受取人名・発送人名・内容物
   *   *   *   *
  初回受取特典[50円引き]
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

《1》と《2》は既存の印字ですが、
《3》は新しく印字します。

《3》は、配達先が「不在」であった時、
荷物から剥がして、不在票に貼り付けます。

●不在票に貼り付ける時、「***」がミシン線で
切り取れるようになっていて、「特典」の部分は
切り取って不在票に貼ります。

●つまり、在宅で一回の配達で荷物が受け取れた方には、
「初回受取特典[50円引き]」が荷物についたままで、
「不在」であった時は「初回受取特典[50円引き]」はなく、
通常のまま。

●これにより、
◎初回で受け取れるように受取人は工夫する
◎不在が前提で仕組みを作った方が業務の流れがスムーズ
※受け取りはコンビニ指定でも一回で受け取れれば特典あり!

●つまり、配達側の再配達コストを軽減してくれたら、
お礼を渡すサービス。

●「初回受取特典[50円引き]」は提携先(スポンサーなど)のコンビニに
持っていけば特典が受けられます。特典内容は印字する際に
ソフトで自動で印字されます。

●再配達の人件費やガソリン代などのコストを考えたら、
特典は決して高くはなく、しかもスポンサーを募れば、
特典コストもゼロにできる可能性もあります。

●利用者にとっては現在の注文した翌日に届けてくれる通販は
とても便利ですが、その分、サービス提供側は過酷な業務を
こなしております。

●受け取り方法が多様化しつつある中、受け取り側が
少し意識を変えれば再配達の割合は、かなり下がると思います。

★アイデアコンセプト★『 利用者負担と特典のバーター 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。