みんなの企画部

2545

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2903号 【 宅配ファーストレター 】突然届くよりは・・・。

【企画公開日】2015 .5. 18.(月)

最近、ふと気付いたことがあります。

他人から届く荷物より自分が依頼した荷物を自分で受け取ることが
多くなりました。特に通販で自分が注文した商品が届くケースが
増えております。

考えてみると、突然箱に入った荷物が届くと、
ちょっとびっくりしますよね。
「誰から?」「何が届いた?」

そこで、不在で再配達のコストが問題になっていますので、
自分以外の他人へ“アポなし”で送る場合は
こんなサービスはいかがでしょう。

▼【 宅配ファーストレター 】

●例えば、旅行へ行ってお土産を友人へ送る場合。
「お土産を送るから○日に受け取って」とは、
あまり連絡しませんから、受け取る側には突然届くことになります。

●そのため、送り主は「宅配ファーストレター」を
選択できるサービスを用意します。

●「宅配ファーストレター」とは不在者票と似ていますが、
宅配を届ける前にまず「お届けする荷物があります」と
通知する手紙です。

●受け取り主はポストに入れられた「宅配ファーストレター」を見て、

(1)時間指定で届けてもらう
(2)コンビニ受け取り
(3)取りに行きます

を選択でき、「宅配ファーストレター」に書かれた連絡先へ連絡、
荷物の手配をしてもらいます。

●この「宅配ファーストレター」のメリットは、不在により再配達が
減るだけでなく、受け取る側も受け取り方が選べて便利です。

●また「宅配ファーストレター」は送り主と荷物の中身だけでなく、
メッセージも記載できるので、より心が伝わります。

●考えてみると、突然荷物が届くのは、サプライズ感もありますが、
大きな物や保存がきかない食べ物だったら、受け取り側が困ってしまいます。

●業者にとっては、配送センターに荷物が届くと自分にメールが
届くサービスがありますが、誰もがいつでも利用できるサービスではありません。
「宅配ファーストレター」だけを届ける専任スタッフをバイクで配達したら、
狭い住宅地でトラックが行き交う回数も減ると思います。

●再配達によるコスト問題や配送員を装ったトラブルもありますので、
ワンクッション挟むサービスはいかがでしょう。

●現在のライフスタイルを考えると、
一見手間のようで効率的かもしれません。

★アイデアコンセプト★『 損して得する 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。