みんなの企画部

2545

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2896号 【 フォトブックコーナーDX 】黙々と作るより思い出に浸る時間が大切!?

【企画公開日】2015 .5. 7.(木)

「キタムラ フォトブック強化へ改装 照明や端末に40億円」(日経2015.04.23)
写真の現像やカメラ機器販売から消費者のニーズに対応して変化していますね。

記事の中で「デジカメなどで撮った写真を思い出として形に残したい消費者の需要」
が増えているとありました。やっぱりアルバムという形で残した方が見やすいですからね!

また、「消費者が長く使うことを前提に背もたれ付きの椅子や高さの低い長机を用意した」
ほ〜と思いましたが・・・、照明といい、端末といい、椅子・机といい、改善は思うが、
どこか違和感を感じます。私ならこんなサービスに仕上げますが、いかがでしょう?

▼【 フォトブックコーナーDX 】

●デジカメで撮った写真をアルバムに残す行為は目的ではありますが、
アルバムを作るプロセスが「楽しい(ワクワク)」と思いませんか?

●モニターに映し出される写真を見ながら、旅行の思い出に浸る。
一緒に旅行に行った家族や友達とワイワイする。

これがアルバムを作る時の醍醐味だと思います。

●そこで、まずリアル店としての強みは、「実物アルバム」のサンプルが
たくさんあること。まさに、「アルバム図書館」を作ります。

●実際に、手にとってサンプルアルバムを見ながら、
「このアルバムのタイプがいいね!」
「このレイアウト、おしゃれ!」
「こんな素敵なアルバムがもらえたら嬉しいね」
こんな会話が楽しいです。だから、店内にはたくさんのサンプルアルバムを
置いておきます。これを見に来るだけでも十分な来店目的になります。

●さらに「アルバム制作・発注したらドリンク1杯無料」。
くつろぐといえば、コーヒーやドリンク。紙コップの自販機を置いておき、
支払い時に1杯分キャッシュバックします。

●そして、写真の選定やアルバムの編集をしながらワイワイできるように、
「見るモニター」「作るモニター」のダブルモニターを用意して、
複数人が一緒に楽しめるブースがいかがでしょう。
完全予約制で多少騒いでも他の客に迷惑がかからない個室タイプ。

●これは楽しめると思いますよ♪ モニター一つで編集すると、
他の人はモニターを肩越しに覗き込む姿勢になるので、
複数人で編集するには不向き。モニターがもう一つあればとても便利です。

●「モノより思い出」という自動車メーカーのキャッチコピーがありましたが、
顧客のワクワクはアルバムの画質だったり、価格ではなく、
作る時のワイワイだと思います。

●記事によると「一人で黙々とアルバムを制作する」が前提になっていますが、
それでは、作る人もその光景を見た人も楽しいとは思えません。

●たまたま店内に居合わせた来店客も、楽しそうにアルバム編集していたら、
きっと次は使いたくなると思います。

★アイデアコンセプト★『 「モノより思い出」 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。