みんなの企画部

2545

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2873号 【 行列の“おもてなし”企画 】思い出が「行列が長かった」では寂しいです。

【企画公開日】2015 .3. 31.(火)

はじめて東京スカイツリーへ行きました。
覚悟はしていましたが、やっぱり行列ができていました。。。

「60分待ちか・・・」

滅多に来れない場所なので仕方なく並びましたが、
あまり気分のいいものではありません。

そこで並んでいる間、持て余す時間で、
もし、どんなサービスがあればイライラせずに居られるか、
考えてみました。

▼【 行列の“おもてなし”企画 】

《アイデア その1》ナンバリングかパラパラマンガ!

お客の誘導や行列の整理に使われる「ベルトパーテーション」。
このベルトパーテーションのポールのトップ部分に
[103/123]とナンバリングしてはどうでしょう?

「60分待ち」など長い行列の場合、どうしても時間を持て余し、
イライラしてきます。少しずつでも前には進みますが、
変化がないと苦痛で仕方ありません。

そのため、[103/123][102/123]・・・と
ポールに表示をしていったら、前に進んでいることが目でわかります。

数字ではものたりない場合は、イラストで表示したり、
さらにそのイラストはパラパラマンガだったり。

少しでも進んでいる様子がわかればイライラも
軽減されると思います。

《アイデア その2》イベントが生中継!
行列に並んでいると他の会場(場所)で行なわれているイベントが
観れなくなります。そこで、イベントを中継して行列に並びながらでも
スマホで観れるサービスはいかがでしょう。

イベントの中継サービスを告知する際、会場で利用できる無料Wi-Fiも
一緒に告知すればユーザーも助かります。中継を観ながらなら、
並んでいるイライラも軽減され、並んでいる時間も楽しめます。

「行列に並んでいたから楽しむ時間が少なかった」という苦情も減ります。

「楽しむ時間より並んでいた時間が長い」となると、
なんだか損した気分になりますから。
無料Wi-Fiの登録の際、会員登録も促せます。

《アイデア その3》幼児・高齢者は別室待機。
長い行列に幼児や高齢者が長時間並ぶのは心身ともに大変です。
苦痛だけでなく、健康を害す場合もあります。

そこで、行列に並ぶ際、幼児3歳までと70歳以上高齢者、
身体障がい者の方は、行列に並ばず、別室で順番が来るのを
待機できるサービスはいかがでしょう。
※幼児の場合は保護者1名付き添えます。

幼児と高齢者以外の家族や仲間は番号札を持ち、
順番が来たら待機室でその番号で呼び出してもらい、合流します。

このすることで、我慢ができなくなってバタバタしはじめた幼児に
他の客がイライラすることも減り、高齢者も健康を害する危険性も減ります。
主催者(施設)側も万が一のリスクが抑えられます。

●安全にかつスムーズに並んでもらうことが大前提ですが、
待ち時間も何かサービスを考えてほしいです。
思い出が「行列が長かった」では寂しいと思います。

●某テーマパークでお金を出せば行列に並ばなくてもいいなんて、
あざといし、知恵がなさすぎます。

★アイデア軸★『 待ち時間は空白時間ではない 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。