みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2862号 【 卒業式のアバター映像 】病気などやむを得ない事情で参加できない時は…(涙)。

【企画公開日】2015 .3. 16.(月)

いよいよ今週金曜日に長男の卒業式(小学校)があります。
先週不覚にも風邪を引いた私に、
妻「お願いだからカズ(長男)にはうつさないでね!」
もちろん、私もそう思い、細心の注意を払いました。

しかし、季節柄、インフルエンザなどの病気や怪我などで、
卒業式に出られない子も全国にはいると思います。

そこで、こんなアイデアでせめて自分が参加しているかのような
映像を残せないだろうか? 

▼【 卒業式のアバター映像 】

●小型のビデオカメラ「アクションカメラ」を使います。

(1)卒業式欠席者と同じ身長の在校生の目線で
   「アクションカメラ」を固定し、
   本人に代わりに卒業式に参加します。
(2)教室から出て、卒業式会場(体育館など)へ
   向かうところから撮影します。
(3)卒業証書の授与も他の卒業生と同様にもらい、
   すべて同じ行動をします。
(4)最後の花道まで終われば終了。
(5)撮影した動画はDVDにして、
   卒業式を欠席した卒業生に渡します。

●卒業証書をもらう順番や席順など、本来欠席者がいる「場所」に
アバターとなる在校生(カメラ)を入れることで、
よりリアルな映像を撮影することができます。

●もし、欠席者が複数いたら、同じ人数だけ
アバター(在校生)を用意し、代理参加して撮影します。

●卒業式に参加できなかったら、
本当に残念だし、同級生も残念だと思います。
そのため、少しでも参加したように思えるように
こんな撮影をしてはどうでしょう。

●卒業式後、カメラに向かって、
同級生がメッセージを映像に残すこともできます。

●いかがでしょう?

●今年は遅いですが、来年に向けて
ご検討よろしくお願いいたします。

★アイデア軸★『 アバター 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。