みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2755号 【 ARで設備案内 by ホテル業界 】取扱説明書を読まない人には必要なサービス?

【企画公開日】2014 .9. 24.(水)

ビジネスホテルに連泊してはじめて気づいたこと。
「あっ、ココに置いてあったのか〜」

部屋の案内書を見れば書いてあることなのですが、
私は家電製品を買っても取説を読まないタイプなので
まったく気づきませんでした。。。

そこで、私のような“身勝手な客”のためにこんなサービスはいかがでしょう。
業界で統一すれば利用者も増えると思います。

▼【 お部屋丸見えアプリ! by ホテル業界 】

●タクシー業界のようにホテル業界で
こんな統一したアプリを作ってはどうでしょう。

ーーーーーーーーーーー
お部屋丸見えアプリ!
ーーーーーーーーーーー
《使い方》
(1)スマホでアプリ(AR)を起動します。
(2)アプリ越し(スマホのカメラ)に部屋を見回します。
(3)すると画面上に、部屋の設備案内や備品の置き場所、
   使い方の説明が表示されます。
(4)最後は「避難経路」の説明が表示され、実際にドアを開けて指示に従い、
   避難経路を確認することができます。

●もし、こんなサービスがあったら、
初めて泊まるビジネスホテルこそ欲しいですよね! 

●ビジネスホテルは、小さい部屋の中にいろいろなモノが詰め込まれているので、
何度か利用すると“発見”することがありますが、これなら最初から快適に過ごせます。

●特に「避難経路」の確認は、利用者だけでなく、ホテル側もしてほしいことです。

●また、必要なモノがどこにあるかアプリ上で検索できて、
場所を教えてくれるとすごいですね!

●ビジネスホテルは人件費の削減で、ますます人を介さない施設が増えていますので、
そんな施設こそ、こんなアプリが必要だと思います。

●しかし、それでもアプリダウンロードが面倒でやらない人も多いと思いますので、
避難経路まで確認したら、抽選で「クオカード」がもらえる特典があったら、
多少気が向くかも。

●「見ない方が悪い」ではなく、見てもらうためにどうしたらいいかを考えると、
より快適なサービスが提供できそうです。

★企画の一番搾り★『 業界統一 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。