みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2754号 【 ドリンクバー専用カウンター席 】店内が混んでくると気兼ねしちゃいます…。

【企画公開日】2014 .9. 22.(月)

週末、出先で時間つぶしにコーヒーを飲もうと、近くのファミレスに入りました。
入店した時は空いていたので、店員さんに6人掛けテーブルを案内されました。

二人でドリンクバーを利用しながらコーヒーを飲んでいたのですが、
ランチタイムが近くなり、少しずつ店内が混み始めてきたので
6人掛けテーブルに二人では何だか申し訳なくなり、お店を出ました。

最近の飲食店はカフェ利用にも力を入れていますが、
個人的にはファミレスでコーヒーだけいただくのはちょっと気が引けます。

そこで、こんなスペースを設けてはいかがでしょう。
その方が気兼ねなく入れます。

▼【 ドリンクバー専用カウンター席 】

●一般にファミレスは、テーブル席がほとんどですが、
ドリンクバーを設けている店舗には、
「ドリンクバー専用カウンター席」を設置してはどうでしょう。

●壁伝いに一列、カウンター席を10席ほど作ります。
一人客でも二人客でも利用しやすい席です。

《ドリンクバー専用カウンター席のメリット》
(1)利用客としては店内が混んできた時、テーブル席で一人でいるのは気が引けるが、
カウンター席なら気兼ねなく居れます。

読書をしたり、パソコンで仕事をしたり、少し長居をしても平気です。
また、せっかくドリンクバーは飲み放題なのでお替わりもしたいですよね。

(2)店舗側にとっても食事利用の客はテーブル席に、
ドリンクバー利用の客はカウンター席に案内でき、効率的に使い分けられます。

コーヒーだけ飲んでいる一人客がテーブル席を利用していて、
食事を目的に来店した四人客が座れないのは店舗経営的にももったいないですから。

※もちろん、「ドリンクバー専用カウンター席」でも食事をしてもOKです!

●こんな席があったら、一人客でもより利用しやくなりますよね。
「ドリンクバー専用カウンター席」の有無は店舗の看板やネット上の店舗紹介で
示してくれると、より利用しやすいです。

●また、空いている時間帯はテーブル席で仕事をしながらドリンクバーを利用していた客でも
混んできたら、「ドリンクバー専用カウンター席」に移動することもできます。
店員が薦めるわけにはいきませんが、客自ら移動するには問題ありません。

●最近のファミレスは、アルコール類も充実してきたので、
夜はカウンター席で一杯という利用客がより増えそうな気がします。

★企画の一番搾り★『 利用目的に応じた客の適切な居場所づくり 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議