みんなの企画部

2545

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2705号 【 通勤時の途中下車が面白い!? 】もっと定期利用者を楽しませよう♪

【企画公開日】2014 .7. 4.(金)

バスツアーが格安なのはツアー途中でお土産屋さんや観光施設に立ち寄るからとは、
よく知られた話ですが、海外旅行でも格安ツアーはそういうからくりがあるそうです。

さて、毎日電車で通勤しています。定期券を利用して乗り降りしておりますが、
携帯電話契約でもよく聞く話ですが、「もっとヘビーユーザー」を大事にしてほしい!
つまり、定期券利用者にもっと楽しめる特典はないの!?

何だか“クレーマー”のような意見ですが、
こんな方法で定期券利用者に特典を付けてはいかがでしょう。
沿線周辺で提携店舗が増えるかもしれませんよ。

▼【 通勤時の途中下車が面白い!? 】

●定期券利用者は途中下車して提携店舗でICカード(定期券)で決済すると、
100円(仮)キャッシュバックされる。

《利用方法》
(1)会社帰りにいつもの駅から定期券を使って乗車します。
(2)途中下車して、駅近くのマッサージ店(例)を利用しました。
   支払いは定期券(ICカード)にチャージした電子マネーで支払います。
(3)再び途中下車した駅から乗り、いつも降車する駅で降り、帰宅します。
(4)後日、ICカード(定期券)に100円分のポイントが加算されていました。

●このように定期券で契約した駅間内で、途中下車してICカードが使える店舗を
利用したら、いくらかキャッシュバックされるという販促はいかがでしょう。
キャッシュバックされる金額の原資は、提携店舗が負担します。

●定期券利用者は、極めて利用頻度が高いヘビーユーザーです。
また、利用者数も多く、こんなヘビーユーザー(潜在顧客)を
ほっとくのはマーケティングの観点からももったいないと思います。

●また、定期券利用者も通勤だけで電車を利用するより、
ちょっと途中下車して“非日常”感を味わうのもストレス解消になります。

●通勤時間が長ければ長い人ほど途中下車するチャンスは多く、
利用できる店舗も増えます。これこそ、お得意様ほど特典が多くなります。

●あまりに電車が混雑していたら、
「ちょっと途中下車して、カフェで本でも読んで帰るか」
という利用方法もあります。

●もし、駅周辺でこのような利用者が増えたら、ICカードの提携店舗も増えて、
ますますユーザー(定期券利用者)にはメリットが増えます。

●「通勤客こそ楽しませる」という視点でサービスを発想したら、
まだまだ鉄道は面白くなると思います。

★企画の一番搾り★『 日常サービスにこそ“非日常”を 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。