みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2687号 【 チャン・ポン機 】財布が“重い”人はぜひご利用を。

【企画公開日】2014 .6. 10.(火)

なぜか、財布が重い…、ジャリジャリいっている…、という人はいませんか?
消費税が8%に引き上げられ、買い物で端数ができる機会が増え、
小銭が今まで以上に貯まります。。。

支払い時に上手に小銭を使えば貯まることも減りますが、
ちまちま計算して出すのが面倒な人も多いと思います。

そこで、こんな機械を置いてみてはいかがでしょう。
小銭が貯まれば利用しに行きたくなります。

▼【 チャン・ポン機 】

●小銭をポイント(電子マネー)に変換できる機械。
例えば、コンビニに置いたとします。
「財布の小銭が貯まったな…」と思ったら、近くのコンビニへ。

《利用方法》
(1)お店のポイントカードを機械に差し込みます。
(2)使わない(財布の中の余分な)小銭を機械に投入します。
(3)投入した金額が画面に表示され、『ポイント化』をタッチします。
(4)投入した小銭がすべてポイント化されます。

●たったコレだけの機械。しかし、小銭は減り財布が軽くなり、
ポイント(電子マネー)は貯まるし、利用者には嬉しいですよね!

●ポイントで買い物をすれば、さらに特典も受けられるお店も多いので、
なお、お得感たっぷりです。

●この機械ですが、店舗側にもメリットがあります。
それは両替回数が減ること。店舗にとって小銭は必ず必要で、
かなりの枚数用意しておかなければいけません。
両替って、結構手数料がとられるんですよね。
これが、多店舗化しているお店なら合計すると手数料とはいえばかになりません。

●そのため、「チャン・ポン機」のように出て行く小銭を“回収”する仕組みを作ったら、
両替回数は減り、電子マネーも増えて店舗利用頻度も上がります。
また、小銭のポイント化が来店動機にもつながる可能性もあります。

●さらに、すべてポイント化(電子マネー)にせず、
一部を募金にする発想はいかがでしょう。

●投入金額が「157円」としますと上記利用方法の(3)の画面上で、

 ◎ポイント化→150円
 ◎募金→7円

と選択できたら、いいですよね。

●店内にあるATMでは、さらに混雑が予想され、
お店側が機械を開けることはできませんので、
小さいながらも小銭ポイント化機があると便利そうです。

●1円、10円の小銭でも、貯めればお昼の弁当代にはなりますので、
まさに「塵も積もれば山になる」です。貯める楽しみにもなりますよね。

★企画の一番搾り★『 ポイントを貯める方法を提案 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。