みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2644号 【 進化系「不在通知票」 】素早く連絡できるから、配達効率アップ!?

【企画公開日】2014 .4. 7.(月)

「すぐ掛ける方ですか? しばらくして掛ける方ですか?」
宅配便の不在通知票のことです。

申し訳ないのですが、私はしばらくしてから掛ける方です。。。
まぁ、帰宅した直後はバタバタしていて、「後から」と後回しにしていると、
連絡が遅くなるというパターンですが…。

「不在通知票」の連絡先はドライバーであったり、受付センターであったりしますが、
もし、こんな仕組みだったら、コストはかかるかもしれませんが配達効率はアップするかも!?

▼【 進化系「不在通知票」 】

●大胆な提案をいたします! 宅配の「不在通知票」をスマホにしてはいかがでしょう。
スマホと言っても、何でもできるスマホではなく、単機能にしぼった専用端末です。

●どんな事ができるか、以下に列挙します。

《不在通知票の専用端末の機能》
(1)ポストに入っていた「不在通知票」代わりの専用端末から、
   ワンタッチで直接ドライバーへ連絡ができる。

   →これなら受取人の手間も極力減らせれて、連絡が早くなります。

(2)あるいは、受け取れる日時を専用端末で簡単に入力できる。

   →電話を掛けて、自動音声に従って受取日を指定するのはとても面倒ですから。

(3)受け取る荷物が写真で見れる

   →通常の「不在通知票」なら、送り主の名前か店舗名(企業名)しか
    記載がありませんが、荷物の写真を撮って専用端末で確認できたら、
    どんな荷物かわかり、受取を急ぐ物はより早く連絡するようになります。
    「百聞は一見に如かず」です。

(4)専用端末から荷物を運んでいるトラックがGPSで確認できる

   →本当に早く受け取りたい場合は、荷物を持って走っているトラックがGPSで確認でき、
   その場所まで取りに行ける。配送センターに戻された場合も同様にGPSでわかり、
   受取人が確認して、その場に取りに行けます。

●「不在通知票」が通信機能のある専用端末にしたら、コストは当然上がりますが、
ドライバーが行ったり来たりする人件費や燃料費など、非効率な業務を考えると、
マイナスばかりではないと思います。

●また、せっかく専用端末を使うなら、画面のフッダーに「通販」バナーを設け、
産直品を注文できるようにしたら、売り上げにつながるかもしれません。

どこも宅配業者が自社で運営している通販事業がありますから、
注文も住所入力などの手間をなくしたら、より便利ですよね。

●ちなみに専用端末の所在もGPSで確認できるようにして紛失や盗難を防いだり、
遠隔操作で機能全停止ができれば、不正利用を防止する策も講じます。

★企画の一番搾り★『 人件費がもっとも高いコスト 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。