みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2461号 オレの「いつもの」カード ~ 常連客気分が味わえる ~

【企画公開日】2013 .6. 20.(木)

「いつもの」で通用するお店はありますか?

飲み屋、カフェ、ガソリンスタンド、お弁当屋さんなど、
頻繫に行く店舗ならあるかもしれませんね。

(ちなみに私は一店もありませんが…)

ある喫茶店チェーンは「いつもの」で注文できることが売りだそうですが、
これはなかなかできることではありませんね。正直、すごいです。

でも、お客によっては、いつもの店員さんではないのに、
「いつもの」と言って、万が一聞き返すと怒る人もいるそうですが、
それは横柄ですよね…。

お店として、お客様の顔を見ただけで注文が分かることを
理想としつつも、こんなアイデアはいかがでしょう。

▼『オレの「いつもの」カード』

●まさに、「いつもの」カードを店頭に置きます。

これはポイントカードサイズで、表面は店名ほか、
【いつものカード】と表示されています。

●裏面は、自由に記載でき、
例えば、カフェの【いつものカード】なら、
私はこう書きます。

—————————
 年中、ホットコーヒー。
 ミルクも砂糖もいらない。
—————————

●自分の要望を【いつものカード】の裏面に書きます。
お店に行った時、この【いつものカード】を店員さんに
手渡すだけで注文が済みます。

●コーヒーの場合は、当然店員さんがミルクと砂糖の有無を
聞くので、それにわざわざ「何も要りません」「ブラックで」と
いうのが煩わしい方は、このカードを使います。

●あるいは、行き着けのお弁当屋さんでは、

—————————
  からあげ弁当
  ご飯は大盛り
  カップ味噌汁追加
—————————

という【いつものカード】を注文の際に手渡せば、
簡単に済みます。

●ラーメン店の場合、
—————————
 味噌ラーメン
 麺大盛り
 ニンニクたっぷり
 もやしとねぎも大盛り
 追加でライス
—————————

●使うか使わないかはお客の自由ですが、
店頭にこんな“擬似常連客”が楽しめる【いつものカード】を
面白いのではないでしょうか?

●「言わなくてもわかる」接客スキルがお店にとってはファンを増やし
商売繁盛の切り札ではありますが、私個人的には「横柄な態度」と
思ってしまいます。

●だからと言って、毎回同じことを言うのが煩わしい人は、
【いつものカード】を使うというのはいかがでしょう。

●女性で、実は「ご飯大盛り」と注文したいけど、
周りに聞こえるから遠慮しているという方にも良さそうですね。 

       ***企画の一番搾り***

     『 常連客気分が味わえる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。