みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2285号  スーパーに「レシピBOX」 ~ バーコードをかざすだけで、おっ♪ ~

【企画公開日】2012 .9. 21.(金)

缶詰が人気だそうです。震災以降も伸び続けていてメーカーによると、
「震災をきっかけに食べてみて、おいしかったと
 リピートしていただいているのではないでしょうか」と分析。

確かに今の缶詰は美味しいですし、「缶詰レシピ」で検索すると、
たくさんのレシピが表示されるので、食べ方が増えると
日常生活にも根付きますね。

さて、レシピは数あれど、どれだけの人が活用できているでしょうか?
タブレット端末やスマホの画面を見ながら作るって、正直、
そんなに便利そうには思えません。

だって、キッチンでは汚れるし、油も飛ぶし、
濡れた手では触りたくないでしょう。

そこで、こんなサービスはいかがでしょう。
これなら、だれでもレシピを持ち帰れ、活用できます。

▼『スーパーに「レシピBOX」』

●スーパーのレジを終えた後の袋詰めをする場所に
コピー機などの出力機を置きます。

●その出力機には、バーコードの読み取りリーダーが付いていて、
自分が購入した商品のバーコードをかざすと、すかさずその商品を
使ったレシピが出力される。

●レシピの出力は、一人一枚(A4サイズ/1回の買い物)で、
一枚には4分割で4つのレシピまで印刷できます。

●つまり、4つの商品のバーコードを連続でリーダーに通すと、
4つのレシピが1枚で出力されます。
これだけ簡単な操作なら、老若男女、誰でもできますよね。
かざすだけだから、ATMより簡単なのでお年寄りでもできます。

●出力及び枚数管理は、お店の会員カードを最初にかざすことで、
制限してはどうでしょう。会員特典としても有効です。

●本来なら、かざした商品のレシピがいくつも画面に表示され、
選べるともっと便利かもしれませんが、それだと時間がかかり、
混雑が予想され、苦情の元になります。

●そのため、「本日のレシピ」ということで、陳列棚の商品の横に
レシピをPOPにして置いておけば、何が出力されるか、わかりますね。

レシピはたくさんありますので、日替わりにすればお客さんも楽しめます。

●キッチンで見ながら作ることを考えると、情報端末やレシピ本より、
紙の方が便利そうです。汚れてもそのまま捨てれますし、気に入れば、
ファイリングもできます。冷蔵庫の扉にマグネットで貼っておくことも!

●出力用紙と出力費は、食品メーカーの広告を予め裏面に印刷しておき、
その広告費で賄ってはどうでしょう。もちろん、自店広告でもOK。

●情報は数あれど、誰にでも活用されるに至るには、
誰にでもできる操作(動作)で、いかにシンプルにするかが
ポイントでしょうね。

       ***企画の一番搾り***

     『 かざすだけでできる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議