みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2256号 日曜コンテナ大工ルーム ~ 結構、騒音がご近所迷惑…。 ~

【企画公開日】2012 .8. 6.(月)

子どもの野球の練習がないわずかな時間を利用して、「日曜大工」に
励んでいます。やりはじめるといろいろな物を作りたくなりますね。

しかし、気をつけていることもあります。それは騒音。
電動ドリルや電動ノコギリを使うと、かなりの騒音がして、ご近所迷惑。
本当はやりたいけど、早朝や夜間は作業をしないようにしています。

さて、福島では、コンテナを改造した屋内砂場が登場したそうです。
放射線への不安から外で遊ぶ機会が減ったことへの取り組みです。
(日経2012.08.04)

考えてみると、コンテナって、いろいろな活用法があるんですね。
そこで、こんな活用法も考えてみました。気兼ねなくできるのがいいですね。

▼『日曜コンテナ大工ルーム』

●今どきのホームセンターは至れり尽くせりで、木材などを購入すると、
希望のサイズや形に切断してくれたりします。電動工具も貸し出ししてくれるし、
ちょっとした加工がセルフでできる店舗もあります。

●しかし、店内にあると他人の目もあるし、結構、音が響きますよね。
屋外にあっても同様です。最近は、駐車場の騒音もご近所に
気を使わなければいけないので、店舗運営は大変です。。。

●そこで、こんなサービスルームを作ってはどうでしょう。
貨物用のコンテナを利用した『日曜コンテナ大工ルーム』。

防音設備はもちろん、空調(及び換気)も完備。
電源は時間内であれば使いたい放題で、
工具は点数により料金が加算されます。

●この『日曜コンテナ大工ルーム』を駐車場の一角に設けます。
平積みに加え、階段をつけて2段積みまでできれば、
広い駐車場を使えば、6~10室程度設置できそうです。
利用時間は、安全対策のため、店舗の営業時間とします。

●こんな「部屋」なら、思い存分、日曜大工が楽しめそうです。
今は戸建て住宅でも隣と隣接している住宅が多く、自宅の敷地内とはいえ、
大きな騒音をたてることは難しいです。まして、マンションなら、
ベランダで板に釘を打つことすら、遠慮してしまいます。

●また、夏場になると、屋外は本当に暑い。
コンテナルームなら、涼しい場所で日曜大工ができます。
雨の日や寒い冬でもありがたいですね。

●ルーム内に、「お助けボタン」があって、教えて欲しい時に押すと、
インタフォン越しに教えてくれたり、店舗からスタッフが来てくれると、
心強いですよね。

●家族がいても一人の時間を大切にする大人もたくさんいますので、
一人黙々と作業に打ち込む使い方もできます。

       ***企画の一番搾り***

      『 個室サービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議