みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2200号 寄付専用「ポイントカード」 ~ レジでは「これで」でOK! ~

【企画公開日】2012 .5. 17.(木)

最近、何枚かのポイントカードを作りました。
ポイント収集が“趣味”ではないのですが、あまりにいつもお店で、

店「ポイントカードはお持ちですか?」
私「いいえ、ありません」

と対応するのが面倒で…。

レシートの、なかなかな貯まらないポイント数を見て思いついたアイデア。
「私は要らないので、どうか役に立てて下さい」

▼『寄付専用「ポイントカード」』

【レジ前での店員と客のやりとり】

店「当店のポイントカードはお持ちですか?」
客「ありませんので、コレで」

と客が指差したのは、寄付専用のポイントカード。

店「ありがとうございます」

と店員は、レジの側面に付いたポケットからカードを取り出し、
リーダーで、ピッ!(読み取る)とする。

店「おつりとレシートです」

と受け取ったレシートには、
—————————-
★先月の寄付ポイント数(全店合計)

 【230,281ポイント(仮)】

★先月の寄付ポイントはこのように使われました。
下記でご覧になれます。

   ※QRコード

—————————-

●寄付専用のポイントカードが入ったポケットには、
寄付先の団体とその活動状況が載った写真が付いています。

●もし、ポイントカードを持っていない場合は、
会員でなくても、「コレでお願いします」と言えば、
誰でもポイントを寄付できます。

●これなら誰でも気軽に寄付できますよね。
ひょっとしたら、会員カードを持っている人でも
寄付してくれるかもしれません。

●そもそもポイント提供は、会員特典だから、会員登録をした人に
限るのはわかっていますが、こういう使い方は、お店にとっても
マイナスイメージにはならないと思います。

●それより「カードはお持ちですか?」と毎回聞き、
うっとうしく思われる方がイメージよくないです。

●寄付後の報告もしっかりすれば、なお、GOODです!

       ***企画の一番搾り***

 『 “お店勝手”な接客をしていませんか? 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議