みんなの企画部

2643

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2167号 BBQ奉行 ~ ちょっと余るくらいがいいみたい ~

【企画公開日】2012 .3. 28.(水)

今度、野球チームで花見バーベキューを計画しています。

軽い気持ちで言い出したことが、子ども15人、大人10人の
“大所帯”に膨れ上がり、ちょっとビビッている状態。。。

言いだしっぺは私ですが、参加人数や食材の手配などは妻がしています。
(やっぱり妻には頭があがりません…)

さて、家族や友人だけのバーベキューなら食材の手配は適当でも
いいですが、子ども会や10人を超える人数になると慣れていても
適量がわかりません。(会費の設定も難しいですね…)

そこで、こんな相談相手がいると、とても心強いです。
常駐していなくても、予約制でもありがたい。

▼『BBQ奉行』

●ショッピングセンターやスーパーに『BBQ奉行』という名の
「バーベキュー食材買出し相談員」を設けてはいかがでしょう。

●相談を希望する際は事前に連絡し、相談予約をします。
相談日時にスーパーへ出向くと、専門スタッフと相談ができます。

《相談の流れ》
1.まずアンケート用紙に必要事項を記入します。
  例えば、人数。大人何名、こども何名。さらに、大人の男女比や
  子どもの年齢など。参加者により、食べる量がまったく
  変わってきますからね。さらに、参加者の好き嫌いもわかれば、
  アンケートに記入します。今はアレルギーの方もいらっしゃるので、
  食材を選ぶ際はとても重要になります。

2.アンケートに記入が終わると、詳細を詰めるために専門スタッフと
  打ち合わせをします。肉メインで行くのか、シーフードもほどよく混ぜるのか、
  あるいはダッチオーブンを使った料理も入れたいのかなども決めます。

3.参加者の概要と要望を聞いたら、今度は売り場を回りながら、
  実際の食材と金額を確認し合い、メニューと予算を決めていきます。

4.メニューと予算が決まれば、食材をリスト化し、
  買出しの際にスムーズに買えるようにします。

●食材の相談ができるだけでもとても心強いですね。

毎年、数回はバーベキューをしている私でも、人数が増えたり、
参加者の年齢層が変わるだけで悩みます。

●また、子どもたちがいたら、ちょっと変わった食材を焼いたら、
盛り上がりますから、そういうサプライズも教えてくれるといいですね。

●そして、実際にバーベキューが終わったら、ぜひ、フィードバック用に
アンケートに答えてもらいたいですね。食材が余ったとか、足りなかったとか。
また、子どもには人気でした、など。

食材リストの裏面をアンケートにして、郵送してもらったり、
普段の買い物の際に届けてくれると、「幹事お疲れ様特典(クーポン)」と
引き換えてくれるとなおうれしい。

(幹事は大変ですから、これくらいの“特典”があるといいかも)

●バーベキューの食材となると、かなり大口になるので、
予約制でもいいので、こういう窓口はいかがでしょう。

●便利で役に立ったとなると、地域でも口コミで広がります。

       ***企画の一番搾り***

 『 特定サービス窓口を創り、需要の顕在化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議