みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2002号 家族旅行3色プラン ~ もうすぐ夏休み♪ 子どもは冒険、親は息抜き ~

【企画公開日】2011 .7. 11.(月)

「もう夏休みか…」

そんなため息が漏れそうです。親の感覚でいくと、

(少し前に「春休み」があったのに…)

子どもたちには待ち遠しかった夏休みだが、親にとっては、
節電、猛暑、子どもの世話の“三重苦”の夏休みになりそう…。

さて、そうは言っても、子どもと一緒に遊ぶことが大好きな私は、
こんな「家族旅行プラン」を考えてみました。それぞれが楽しみながら、
家族でも楽しめるこんなプランはいかがでしょう。

▼『家族旅行3色プラン』

//// ここからはフィクションです ////

ある金曜日の朝のこと。
家族で一番早く家を出る私に妻と子どもが、

「じゃ、パパ、きょうから行って来るからね。
夕食は自由に何でも食べてね。明日、待っているから」

子どもと妻はきょうから旅行。
妻が運転する車(マイカー)で、“家族三人”の旅行です。

初日は、妻と子どもが観光をしながら予約した旅館へ。
その日は宿に3人で宿泊。

二日目は、子どもたちは宿泊した旅館がある観光地の主催した
「子どもが楽しめるアウトドアイベント」に参加。
妻は、その間、ゆっくり観光地を周り、ちょっとした一人旅気分。

そして、お父さん(私)は、二日目の朝(土曜日)、自宅を出て、
電車を使って青春時代を思い出しながら、一人で妻と子どもが
宿泊している旅館へ向かい、夜に合流。

二日目の夜は、家族全員が揃って宿泊。
家族団らんを楽しみます。

三日目の朝、チェックアウトして、妻と子どもが乗ってきたマイカーで
家族旅行を楽しみながら、帰路に着く。

帰りに車の中は、家族でそれぞれが体験した思い出を
話しながら、盛り上がります。

//// ここからはフィクションです ////

●家族旅行なのだが、今までのように終始家族一緒ではなく、
プランを柔軟に組み合わせて、それぞれが楽しめるような
家族旅行はいかがでしょう。

●子どもの年令が少し高くなってきたら、夏休みを利用して、
先に子どもたちだけ電車で行かせるプランも楽しそうですね。

●個々が楽しむプランでも、最後は家族一緒に帰るのが、
個人的には、いいな。

●子どもが楽しめ、親も息抜きしたり、楽しめる旅行が、
本当の「家族旅行」かもしれません。

●結構、「合流する」だけでも大きなイベントになったりもします。

***企画の一番搾り***

『 スタイルフリーなプラン 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議