みんなの企画部

2580

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1710号 農会市 ~作る楽しみ、売る喜び~

【企画公開日】2010 .4. 13.(火)

ドライブに出かけ、道の駅などに立ち寄ると必ず見かけるようになった野菜売り場。
地元の方が作った野菜が手ごろな価格で売られています。

我が家は両家の親が野菜を作っているので、いつも食べきれないほど
野菜がありますが、見かけるとつい買いたくなります。

(普段見かけない野菜があると買ってしまいます)

野菜作りは大変ですが、「おいしい!」の一言で苦労もふっとんでしまうようです。
そこで、こんなサービスを考えてみました。「出口」まであると、より満足度も
高まります。

▼『農会市』

●広いホームセンターの駐車場を利用して、朝市を開催します。
場所は駐車場の安全性を考えて、建物から一番遠い場所。

●1ブースは、1台分の駐車スペース。販売物は野菜。
販売員は、ホームセンターの「農業会員(仮)」に入会している会員。

●農業会員は、ホームセンターで買った種や肥料、農業資材を使って作った野菜を
日曜日の朝、ホームセンターの駐車場で販売します。

●販売スペースの広さや場所は、前月の購入額で優先権が得られます。
購入額とは、ホームセンターの会員カードで購入した種や肥料などの購入額。

●優良顧客を優遇するのは、会員にとっても抽選などより公平です。
そのため、ブース代は無料。販売時間は正午まで。

●近所のホームセンターなので行きやすいですね。販売している人(農業会員)も
地域の人が多くなり、顔見知りの人もいると思うので安心して買えます。

●野菜を買いに朝市に来た人も、販売している人がホームセンターの商品を使って
野菜づくりをしていると聞くと、自分もやってみようかな、と思うかもしれません。

そうなると、ホームセンターにとってはより嬉しい傾向です。

●野菜はホームセンターにとっても商品がかぶらないので多いに販売して、
集客に貢献してほしいですね。

●最近のホームセンターは専業の方が買いに来るほど品揃えも充実して、
情報提供も豊富になりました。

●最後は、作ったものを売るサービスです。自店の集客や売上にも貢献しつつ、
顧客の満足を高める仕組みができると、不況も心配なくなります。

   ***企画の一番搾り***

    『受け皿サービス』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。