みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1437号 試着室が面白い! ~イメージが膨らむ試着体験~

【企画公開日】2009 .2. 13.(金)

服を買うとき、試着ってしますか?

男性が試着をする時は、ほぼ買うことを決めて試着する方が多いそうです。
(確かに私もそうです。試着しても買わないのはサイズが合わない時だけ)

試着すると、その服を着て遊んでいるイメージや通勤時のイメージが
具体的に想像できるので、つい欲しくなります。

そこで、きょうの企画。
試着室をエンターテイメント系に“イメージチェンジ”!

▼『試着室が面白い!』

春に着る通勤用の服を探しに
洋服屋さんに来ました。

妻といろいろ相談しながら、上下の服を決め、
洋服を持って試着室へ向かいました。

試着室の前で、一瞬立ち止まりました。

試着室の扉にこんなプレートが付いていました。

 ≪通勤タイム≫
 ≪レジャータイム≫
 ≪ディナータイム≫

私は、恐る恐る≪通勤タイム≫の試着室の扉を開けました。

なるほど! そういうことか。。。

試着室の中は、駅のホームの設定になっており、
鏡の一面を除き、三面が駅のホームの絵になっています。

私は驚きながらも服を着替えました。
服を着た私は鏡を見ながら自分を見ました。

(正直“ビミョー”ではありますが…)

こんな試着室があったら、面白い! 
となると他の部屋も気になりますよね。

側面の絵は、簡易の出力でもOK!
鏡の反射を上手に利用すれば、立体感も演出できそうです。

季節ごとに絵を変えたり、月間で変わっていると、
ちょっと覗きたくもなります。

洋服には関係ありませんが、お店の店頭に、

 ———————————–
  今月の試着室は、
    ≪パリ シャンゼリゼ通り≫
 ———————————–

と出ていたら、どう?

        +++++ 今日の企画一番搾り +++++

          『 +エンタメ性 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議