みんなの企画部

2611

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1332号 緊急ケータイWEB-BAN ~情報がない状態が一番不安でイライラ~

【企画公開日】2008 .8. 29.(金)

今朝のこと。

昨晩の豪雨(東海地区)の影響で、駅は早朝にも関わらず、
大変混雑していました。ホームには人が溢れかえっています。

電光掲示板は「運転を見合わせています」と流れるだけ。
アナウンスも流れず、多くの乗客はかなりイライラしていました。

私を含め、多くの人は、現在の状況に関する情報が掲示板はおろか、
放送すら流れないので、とてもイライラしています。

駅員さんも乗客の対応など、大変だと思います。

そこで、ホームでいつ来るか分からない電車を待ちながら、
考えた対策です。

▼『緊急ケータイWEB-BAN』

※ここからは架空のストーリーです。

ホームはおろか、階段にまで人があふれ出し始めました。
駅員さんが、手にポスターを抱えて、構内のあちこちに
掲示し始めました。

 ●ポスター
 —————————————————–
  ただいまの運転状況を『緊急ケータイWEB-BAN』
  でお知らせしております。

          [QRコード]
         http://******.jp

 《アクセス方法》
 —————————————————–

ホームで電車を待っている人たちが、ポスターを見ながら、
一斉に携帯電話を出し、アクセスしはじめました。

※空メールで返信メールからアクセスする方法もあります。

『緊急ケータイWEB-BAN』には、対策本部から流れる
最新情報が載っています。

    ———————
     現在の運行状況は…
    ———————

駅で情報を得る方法として、

 1.電光掲示板
 2.アナウンス
 3.駅員さんに聞く
 4.携帯電話で調べる

があります。

この中で、駅員さんの負担が少なく、よりリアルタイムな情報を
多くの人が得る方法としては、4の携帯電話が最適かと思います。

そのため、携帯電話を上手に活用して情報提供をする方法を
今後考えていくべきかと思います。

もし持っていない人がいても、乗客同士で教えあえていいわけです。

最前線で働く駅員さんは、こういう緊急事態ではとても大変です。
1対何百という対応を迫られることもあります。

こんな“バックアップ体制”があってもいいと思います。

          +++++ 今日の企画一番搾り +++++

            『 緊急時は助け合う 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議