みんなの企画部

2611

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1310号 服用BOX ~「今すぐ飲まれますか?」~

【企画公開日】2008 .7. 25.(金)

出張先でのこと。駅を出ると頭痛がひどくなりました。
クーラーのかかった車中で寝たせいか…。
このままお客さんのところへは行けません。

 (なんとかせねば…)

すると、目の前に薬局がありました。
私は迷いもなく駆け込みました。

私「すみません、すぐに効く頭痛薬がほしいのですが…」

店「はい、こちらがよろしいかと思います」

私「すぐに飲みたいのですが、そんな場所はありますか?」

すると、白衣を着た店員さんが奥に案内してくれました。
案内された先には、小型のブース状になっています。

店「こちらで、どうぞ。
  しかし、食事はとられましたか?
  この薬は、食後に服用する薬ですが…」

私「いえ、それがまだ…」

店「でしたら、パンやおにぎりをお持ちしましょうか。
  その後、白湯をお持ちしますので、服用してください」

パン・おにぎりは店頭で販売しているモノ(有料)です。
白湯は無料です。

私はまずは食事を済ませました。少し休憩してから服用しようと思い、
まわりを見渡すと、雑誌がおいてありました。

(そうか、ここは買った直後に服用したい人用のスペースか)

▼『服用BOX』

服用BOXに入る場合は、先に会計を済ませます。軽食を必要とする場合は、
店内の商品なら、どれでも買うことができます。

ちょっとしたことですが、すぐに服用したい人にとっては、
自販機で水をかったり、箱から出して飲む場所を探したりと、
結構、面倒ですよね。

すぐにその場(店)で飲めるととても嬉しいです。

また、例えば痒みを抑える薬を買った場合でも、
その場ですぐに塗れると嬉しいですよね。

店「これくらいの量をすり込むといいですよ」

意外に塗る適量って、わからなかったりもします。

法的に許されるのかはわかりませんが、
きっと欲しい人はいるでしょうね。

       +++++ 今日の企画一番搾り +++++

        『 サービスの完結 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議