みんなの企画部

2569

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1228号 下車後のアイロンサービス ~お客様に会うときは、ヨレヨレ~

【企画公開日】2008 .3. 27.(木)

朝、家を出るときはピシッとアイロンがかかっているのに、
お客様に会うときはヨレヨレ、という経験はございませんか。

原因は、長時間の新幹線移動。
足を組んだり、かばんを膝の上に置いたり。

ズボンやスーツがヨレヨレになっても仕方がありません。
そこで、こんなサービスがあったら、出張族の方はどうでしょう。

▼『下車後のアイロンサービス』

上司が新幹線の中で、携帯電話をポチポチと触っています。

A「メールですか?」
上「いや、アイロンの予約」
A「アイロン?」

2時間後、東京に着きました。上司は、

上「Aも一緒についておいで」

と言われるまま、駅ナカの片隅にあるお店に入りました。

上「予約した○○です。2人ですがいいですか?」

というと、試着室のような小さな部屋に入りました。
私が呆然と立ちすくしていると、お店のスタッフが、

ス「こちらの部屋にお入り下さい。
  ズボンを脱がれたら、こちらに掛けてください」

ようやくわかりました!

●つまり、新幹線移動でヨレヨレになったズボンやスーツを、
短時間でアイロンをかけてくれるサービスです。

●私は小部屋に入りズボンを脱ぎ、部屋に置かれている椅子に
座って待ちます。部屋の中は狭いですが、ビジネス誌や漫画も
置かれています。無線LANもあり、自分のパソコンで
メールチェックもできます。

2、3分でしょうか。あっという間にサービス完了です。

●アイロン掛けには、スピーディな「機械掛け」と、
丁寧な「手掛け」があります。安価で速くしたい場合は機械。
丁寧にという方は「手」。

●なんてことのないサービスですが、あると嬉しくないですか。
駅ナカのクリーニング店に併設したり、カフェと
組み合わせて、コーヒー飲みながら待つのもいいですね。

●また、空港もいいかも。

         +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

        『 “かゆい”ところを探す  』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。