みんなの企画部

2592

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1212号 着せ替えディスプレイ ~くすくす笑ったら、迷惑ですが…~

【企画公開日】2008 .3. 4.(火)

【質問】美容院でカット中のあなたは、何派?

 1.じっと見る派?
 2.目を閉じている派?
 3.爆睡派?

私は、3の爆睡派です。(だって、暇なんだもん!)
美容師さんは、とってもやりにくそうにしています。

でも、慣れている人は上手です。頭の振り子が一瞬止まる瞬間を
見計らって、カットしてくれます。(笑)

さて、もしこんなサービスが美容院にあったら、
服選びに迷った時、行きたくなります。

▼『着せ替えディスプレイ』

●美容院でのこと。カットの順番がきて、名前が呼ばれました。

美「小島さん、春の新作が“入荷”しましたが、いかがですか?」

私「ほんと、いいね! ぜひ♪」

●すると、私が座った鏡の前に、大きな画面のディスプレイが置かれました。
画面を見ながら、位置を調整しています。

美「こんな感じですか?」

私「そうですね、ちょうど顔がでています」

●私の顔はディスプレイのトップに乗っかっている状態で、鏡に映っています。

美「では、どうぞ」

と言って、リモコンが手渡されました。
●私はリモコンを使って、次々と服を“着せ替え”していきます。

私「これ、いいね。今まで着たことないけど、
  こうやってあわせると、似合うかも」

●ディスプレイには、新作の服が映し出されています。私の顔がちょうど
画面上の服の上にくるので、まるで私が着ているようです。

私「これ、買おうかな…」

●ディスプレイの本体はパソコンで、ネットにつながっているので、
その場で買うこともできます。

●今の技術があれば、これくらい簡単にできそうですよね。

●通販業界も熾烈な知恵比べで顧客獲得を目指しています。
こんな消費者との接点を設けてみるのもいいかもしれません。

●また、せっかく美容院でカットして雰囲気を変えたら、
ファッションも変えたくなりますよね。

●お店で注文したら、そのお店にマージンが入る仕組みがあれば、
より普及しそうです。

※企画上のサービスは、フィクションです。

     +++++ 今日の企画一番搾り +++++

     『 顧客との接点を見逃すな 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議