みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1192号 葬儀を中継いたします ~参列したくでもできない人がいます~

【企画公開日】2008 .2. 4.(月)

明るい話題ではありませんが、先日、身内に不幸がありました。
ご家族は葬儀場ではなく、地元の公民館での葬儀を希望しました。

理由は、地元のたくさんのご友人たちに参列してほしいから。

葬儀場は遠く、限られた人数しかバスの送迎ができませんでした。
ご友人や近所の方は、高齢者が多く、車の運転もできませんでした。

だから、大変でしたが、すべて自分たちでやったそうです。
これを聞き、決して特別なケースでないと思いました。

少し不謹慎といわれるかもしれませんが、こういうサービスも
必要になってくるように思われます。

▼『葬儀を中継いたします』

●サービスの内容はその名の通り、
葬儀場で行われている通夜、葬儀を中継して、
別の会場でも参列できるようにします。

●別の会場は、地元の公民館でも自宅でもできます。

●中継は、光回線などのネット回線を使い、
会場では、プロジェクターを使って、映像が流されます。

●小さな祭壇を設け、故人の写真を飾ります。

●これなら、大掛かりにならず、コンパクトにできます。

●別会場は、身内の方か、葬儀場のスタッフが常駐し、
参列者をご案内いたします。

●今後、高齢者宅が増え、少し遠いだけで移動が難しい人が
増えてきます。

●そんな時こそ、最新の技術を使って心をつないでは
どうでしょう。

     +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

      『 最新技術で心のバリアフリー 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議