みんなの企画部

2611

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

05満足度UP企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1088号 駅ホーム快適化計画 ~ホームは暑くて、暑くて…~

【企画公開日】2007 .8. 23.(木)

駅で電車を待っているとき、貨物列車が通り過ぎました。

ホームに駆け上がったせいで汗だくでしたが、
通過列車の風で、少し涼しかったです。

おや、待てよ。面白いことがひらめきました。

▼『駅ホーム快適化計画』

●通過列車で思いついたのは、風力発電。

●ホームの屋根に、小型風力発電機を取り付けます。
一つや二つではなく、たくさんつけます。

●するとどうでしょう。列車が駅を通過するたびに発電できます。
もちろん、通過しなくても、日常の風で充分発電できます。
また、駅で停車する時でも結構な風が起こりますよね。

余談:利用客が少ない駅ほど、発電量が大きいですね。

●さらに、ホームの屋根には、ソーラーパネルも設置します。
できました、ミニ・クリーンエネルギー発電所!

●出来た電力は、駅で使用する電気として使う方法もありますが、
ホームを快適にする電力として利用する方法がいいですね。

●例えば夏の場合、今注目を集めているドライミストでホームを
涼しくします。ドライミストは、愛知万博で注目され、
今、東京のオフィス街でも設置されています。

ドライミストで使う水も、雨水をきれいにして使えるとステキですね。

●また、駅周辺への騒音対策として、騒音と逆波長の音を流すと、
騒音が軽減される技術があります。これを設置することで、
周辺住民の方にも快適を味わってもらいます。

●万が一、電力不足ということもありえます。そんな時は、

   —————————————————-
   この装置の電力は、ホーム上の発電機でつくったクリーン
   エネルギーで動いています。電力が不足しているときは、
   動作しない場合もございます。予めご了承ください。
   —————————————————-

我慢するのもエコ運動です(笑)。

●みんなが利用する駅を“エコ武装”したら、
よりクリーンエネルギーも身近になりますね。

         +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

            『  隙間探し  』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議