みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

02広告・販促企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3499号 【 動く販促 】「人には動いているモノを見る習性がある」そうです。

【企画公開日】2017 .12. 6.(水)

名古屋栄の百貨店の前を歩いていたとき、
ショーウィンドウの中のマネキンが動いた!
と思ったら、作業中に人だった。。。

さて、人は動いているモノを見る習性があります。
また止まっているはずのものが動くとびっくりします。

そこで、いらずら心でこんな販促を考えてみました。
(苦情にならないギリギリの線を見極めてね)

▼【 動く販促 】

コンビニのガラスの壁面(店内側)にポスターを貼ります。
ポスターはぴったり貼らず、少し隙間をとって貼ります。
そして、ポスターの下に人感知センサー付きの小型扇風機を設置。

もうお分かりですね!
そう、コンビニ前を通過する人に反応して扇風機が動き、
ポスターがなびきます!!

ガラスの向こうで、しかも動くはずのないポスターが動くから
通行人はびっくりします。

この手法を使ってショーウィンドウのマネキンに風を当てます。
人が通るたびにマネキンが着ている服や髪がなびきます。

「あれ、風が吹くはずないのに?」

さらに、店内に設置したマネキンに一工夫。

マネキンの前に人が立つと・・・、
マネキンの足の裏に当たる部分から風を送り、
体の肩部や背中から風が吹き出し、洋服をなびかせます。
頭部からも風が吹き出し、髪がなびきます。

この「動くこと」を注目されることだけに使うのではなく、
商品の特徴を表現することに活かしたら、より効果的。

ポスターならアクション映画の迫力シーンを表現したり、
マネキンなら新商品の「軽さ」や「通気性」を表現したり。

最近はデジタル看板で流す動画が主流ですが、
画面の中で動くより立体物が動く方が目が行きますよね。

一見チープさは残りますが、
そこがアナログ的でユニークかも。

★アイデアコンセプト★
『 動くが勝ち 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議